第8回 野球後進県だった沖縄はいかにして強豪県に成長したのか?2019年12月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]野球後進県だった頃の沖縄
[2]興南旋風、赤嶺賢勇らヒーローの登場/沖縄に自信を与えた栽弘義氏

 1999年、選抜高等学校野球大会で沖縄尚学高校が初優勝。その後、2008年に沖縄尚学高校が二度目のV。その僅か2年後の2010年、興南高校が史上6校目となる甲子園春夏連覇を達成。「沖縄の高校は強い」と、全国に知らしめた。

 改めて沖縄の高校野球が、どのように強さを増していったのか。県民悲願だった甲子園での優勝。その後は。
 一方で2015年以降、甲子園で勝てなくなった理由など。高校の先生たちの意見も載せつつ、沖縄県高校野球史を振り返ってみたいと思う。

野球後進県だった頃の沖縄



全国レベルの強豪・興南

 初めは球場らしい球場も無かった。バックネットも、似たもので何とかしてプレーが開始された。観客席などあるはずもなく、土手に上ってみんな見ていたよ。昔の沖縄を知る高校野球の先生から教えてもらった。

 段々と形になってきたが、南九州優勝野球大会(大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県と沖縄県)では、沖縄県が一度も決勝へ進むことはなかった。

 そんなとき故佐伯氏(後の日本高野連会長)が、主導で強いチームを率いて沖縄にやってきた。もちろん勝てはしないが、全国の野球レベルはこういうものということを知って欲しいという親心だったと、別の高校野球の先生は語ってくれた。

 戦後、米国統治下に置かれた沖縄県は九州大会に出場することが出来なくなる。しかし1959年、琉球政府の沖縄として宮崎県、鹿児島県と争う全国高等学校野球選手権南九州大会に出場。翌年、鹿児島県が一県一代表枠に入り脱退。1974年まで宮崎県vs沖縄県の勝者が甲子園出場枠を得る戦いとなっていく。

 沖縄県が初めて南九州大会で優勝したのは1962年。沖縄高校が大淀高校を下し、初めて自力で甲子園出場を叶える。エース安仁屋宗八は広島カープと阪神タイガースで119勝する大投手になった。

 それまでは、首里高校などが甲子園に出場したが、記念大会での特別枠参加。そこにも故佐伯氏の尽力が沖縄県にあったと、高校野球の先生が教えてくれた。

 「佐伯天皇なんて呼ばれていたらしいが、沖縄の野球界にとってこれほどの恩人はいないよ。」

 戦争を喜んでいなかった佐伯氏だったからこそ、上陸戦で大変な目にあった沖縄を心にかけていたのかも知れない。

興南旋風、赤嶺賢勇らヒーローの登場



興南の我喜屋優監督

 甲子園での惨敗が続いていた沖縄県に一筋の光が刺したのは1968年。現興南高校監督の我喜屋氏が選手で主将を務めたチームがベスト4入りした。「興南旋風」と呼ばれ、県民はテレビに釘付けになった。

 その興南高校のあとを豊見城高校が継ぐ。1974年の選抜高等学校野球大会に出場すると、全国高等学校野球選手権大会でベスト8に3度も入った。

 エース赤嶺賢勇は巨人軍へ入団。甲子園のヒーローが球界の盟主である巨人へ。野球をする子供たちの憧れとなった。さらに同じ豊見城高校で、赤嶺の下でその打棒を炸裂させた石嶺和彦氏が阪急ブレーブスへ。日本政府復帰後の沖縄県で、野球が最も盛んになっていった。

沖縄に自信を与えた栽弘義氏

 その豊見城高校で指揮を執っていたのが故栽弘義監督。3度の甲子園ベスト8を引っさげて1980年に沖縄水産高校へ赴任。しかし最大のライバルが興南高校にいた。比屋根吉信監督だ。

 野球王国の兵庫県からやってきた比屋根氏は、沖縄に新しい風を吹き込む。1980年から83年まで夏の選手権沖縄大会四連覇。仲田幸司(阪神)などプロも多く輩出していく。打倒興南に燃える沖縄水産高校がその牙城を崩したのは1984年。その翌年、彗星の如く現れた上原晃(中日)氏が3年連続で甲子園に出場するも、最後の最後で本土勢の粘りの前に屈してしまう。ひいき目に見ても、まだこの時代までの沖縄県は野球後進県だったであろう。

 その重い扉を開いたのもやはり栽監督だった。

 1990年、右腕神谷善治と新里紹也(ダイエー)ら全国レベルの打者に、一つ下の大野倫(巨人)らで臨んだ沖縄水産高校。初戦を突破するとあれよあれよと言う間に勝ち進む。準決勝はこれまで県勢が何度も辛酸を舐めさせられてきた広島県代表(それまで春夏合わせ1勝4敗。1勝も延長戦での1点差辛勝)の山陽高校が相手。この試合6-1と快勝し県勢初の決勝へ進んだ。

 急遽、当時の西銘知事が甲子園へ駆け付けたほどの熱気に包まれた奈良県天理高校戦で今でもかたりつがれるのが、9回のレフト線への当たりであろう。

 筆者もテレビを通して観ており、あの打球を見ていた周りの人たちと共に「ヨッシャー!同点!」と一喜し、直後に捕球され一憂したのを忘れることは出来ない。そのくらい、県民みんな悔しかった一球だ。

(文=當山 雅通

関連記事はこちら!
興南史上最強サウスポー・宮城大弥がオリックスへ 強心臓を武器に今度こそ日本、そして世界の頂へ
進化を止めない注目左腕・宮城 大弥(興南)【前編】~チームを引っ張る立場になり見えた、やるべきことをやれば勝てる~
「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沖縄尚学vs那覇【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
沖縄水産vs沖縄尚学【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
沖縄尚学vs宜野座【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
中部商vs沖縄尚学【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
山陽 【高校別データ】
首里 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム