第6回 沖縄担当・當山雅通が選ぶ、2019年沖縄県高校野球ベストゲーム!2019年12月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]− プロローグ 怪物宮城 −/− 惨敗続きの沖縄尚学に光が差した沖縄水産戦 −
[2]− 浮沈艦宮城大弥を捉えた沖縄尚学打線 −/− 12年振りの決勝戦延長突入 −

− プロローグ 怪物宮城 −



宮城大弥(興南)

 一年生の夏から甲子園に出続ける選手というのは限られてくる。選抜高等学校野球大会優勝投手の東浜 巨沖縄尚学−亜細亜大−ソフトバンク)という巨星が相手だったとはいえ、のちに春夏連覇を達成する島袋 洋奨興南−中央大−ソフトバンク)でさえ、一年生の夏は準決勝(興南1対3沖縄尚学)で敗退している。

 興南宮城 大弥は一年生ながら、何と決勝という大事なゲームで先発起用された。結果は13奪三振の快投。無四球で8回に1失点したのみ。見事、興南高校を2年振りの聖地へと導いた。

 二年生になった宮城 大弥は再び興南高校を聖地へ導く。決勝の糸満戦。このときの宮城 大弥は、大人のピッチング。奪った三振の数は8個にとどまったが被安打は僅かに2本。96球完封勝利で2年連続甲子園の地を踏んだ。

 三年生になった宮城 大弥はまるで、リミッターが外れた怪物のようだった。二回戦は9イニングで被安打3本、9奪三振。三回戦は5イニングで被安打2本、7奪三振。そして準々決勝と準決勝では2試合連続で14奪三振。1イニングを投げた一回戦から準決勝までの5試合、33イニングを投げて46個もの三振を記録。奪三振率は驚異の12.5に上っていた。

 決勝戦。ここで宮城 大弥が勝てば3年連続の甲子園。そうなれば1985年〜1987年の上原晃(沖縄水産−中日)以来、沖縄県高等学校野球史上、二人目となる快挙が待っていた。

− 惨敗続きの沖縄尚学に光が差した沖縄水産戦 −



水谷留佳(沖縄尚学)

 もう一つの私学の雄沖縄尚学高校。昨年秋季大会準決勝で敗退すると、春季大会では北山高校に敗れ準々決勝で敗退。正直なところ、この夏の沖縄尚学高校の評判は低く見られていた。興南・宮城のライバルは沖縄水産高校。多くがそう思っていたはずだ。その両者が夏の選手権沖縄大会3回戦でぶつかった。

 1回いきなり1点を失う沖縄尚学高校は、打線も3回までノーヒット。沖縄水産高校・國吉の前に、秋の大会から続けると12イニング連続無安打。しかし4回、3番水谷と5番崔にタイムリーが出て逆転に成功。5回以降再びノーヒットに抑えられていたが9回、またも水谷と崔のタイムリーで決定的な2点を追加。投げては左腕仲村渠が1回の失点のみに抑え完投勝利。このゲームがチームの自信回復となり、優勝への布石となった。

【次のページ】  − 浮沈艦宮城大弥を捉えた沖縄尚学打線 −

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第14回 逆襲を誓う沖縄尚学のキーマンは島袋皓平、崔哲瑋、與谷友希の逸材野手トリオだ!【沖縄の高校野球】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第7回 2019年沖縄の高校野球は『燃』えるような試合ばかり!漢字一文字で1年間を総括!【沖縄の高校野球】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
明石商vs興南【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
沖縄尚学 【高校別データ】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム