第43回 曲者揃いのオーストラリア相手にどんな戦いをすればいいのか?2019年09月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

  9月7日、第29回 WBSC U-18 ワールドカップスーパーラウンド3日目。決勝進出の可能性が厳しくなった侍ジャパンU-18代表。今やることは目の前の試合を勝利することだ。そんなオーストラリア戦の見所を紹介したい。

曲者揃いのオーストラリア



南アフリカ戦以来の登板が期待される浅田将汰(有明)

 ここまでの試合を振り返ると、西 純矢創志学園)、宮城 大弥興南)、飯塚 脩人習志野)の登板が集中する展開だった。

 今回のオーストラリア打線は、決して弱いとはいわないが、カナダ、韓国と比べるとパワー不足で、どの投手でも勝負できる。南アフリカ戦で無失点の好投を見せた浅田 将汰有明)、力投を見せる池田 陽佑智辯和歌山)、林 優樹近江)を投げさせて、8日の順位決定戦にすべてを注ぎたい。

 オーストラリア投手陣はチャイニーズタイペイ戦で多くの投手を起用。日本打線が苦労しそうなムービングボールを武器にするウエイトが先発登板したことで、チーム一の速球派・ビドイスの先発が有力。140キロ後半の速球を投げ込むビドイスに対応ができるか。

 オーストラリアは内外野の守備が堅く、球際も強く、勝負所の守備に関しては日本より上回っている。

 また、場面に応じて継投策を行うチームで、かなり苦しむ戦いになることが予想される。

 勝負は後半。どれだけ粘りに粘って、後半で突き放す試合展開にできるか。韓国戦を忘れて、ハツラツとしたプレーを見せることを期待したい。 

(取材=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第50回 これをすれば失点は防げる! 明徳義塾(高知)の「一塁手守備練習」【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
チャイニーズタイペイ代表vsオーストラリア代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国vsオーストラリア【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18日本代表vsオーストラリア代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
アメリカ代表vsオーストラリア代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
オーストラリア代表vsカナダ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第18回 ブルータグ株式会社 南 啓介さん 【2008年インタビュー】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム