第38回 アメリカ、韓国、日本だけではない!今年のスーパーラウンドに進出した6チームはどこも優勝を狙える実力がある!2019年09月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]スーパーラウンドは総当たりのリーグ戦 オープニングラウンドの成績も持ち越し
[2]韓国、オーストラリア、カナダの成績

スーパーラウンドは総当たりのリーグ戦 オープニングラウンドの成績も持ち越し



オープニングラウンドで大活躍の・石川昂弥

 8月30日から開幕した第29回 WBSC U-18 ワールドカップは、9月5日からスーパーラウンドが始まる。スーパーラウンドは、別グループの上位3チームとの総当たりのリーグ戦だ。Bグループだった日本の場合は、Aグループの上位3チームと対戦することとなる。
 しかし、決勝進出権を獲得するためには、スーパーラウンドの勝敗だけではなく、オープニングラウンド時の同グループ上位チームとの直接対決の成績も持ち越しとなる。日本の場合、アメリカに勝利して、チャイニーズタイペイに負けたので1勝1敗の成績が残る。
 そのため、スーパーラウンドに進出する6チームは以下の成績からスタートすることとなる。

【Aグループ】
1位 韓国 1勝1敗
2位 オーストラリア 2勝0敗
3位 カナダ 0勝2敗
【Bグループ】
1位 日本 1勝1敗
2位 アメリカ 1勝1敗
3位 チャイニーズタイペイ 1勝1敗

 

 今回改めて、6チームの成績と注目選手を取り上げていきたい。

【日本】WBSCランキング1位  チーム打率.318 チーム防御率1.80
 チーム打率は6ヵ国の中で2位。さらにチーム防御率、チーム本塁打はトップの数字を誇る日本。数字上でみると十分優勝を狙える戦力だ。なんといっても素晴らしいのは、ダブルエース・奥川 恭伸佐々木 朗希抜きでこの数字なのだから、全選手が活躍をみせていることが分かる。

 その中でも西 純矢は、9.1回を投げ、13奪三振、3失点の好投。リリーフエースの飯塚 脩人も自責点0。各投手が一定以上の成果を残しているが、世界一への条件は特定の投手に過度な負担をかけず、オープニングラウンドに続き、多くの投手起用し、それぞれが結果を残し続けることだろう。

 打線は、強打の核弾頭・森 敬斗が7打点。西と石川 昂弥は8打点、3番を打つ韮沢 雄也も打率.375を記録。
 140キロ台の投手を捉える力は備わっており、スーパーラウンドの韓国・オーストラリア・カナダの投手陣相手にも、実力を発揮してくれそうだ。

【アメリカ】WBSCランキング2位 チーム打率.312  チーム防御率3.64
 選手の能力の高さはスーパーラウンドに進出した6チームの中でもトップクラス。ただ、潜在能力の高さの割には物足りなさを感じる試合内容、パフォーマンスが多かった。

 投手陣は、オープニングラウンドの成績は防御率3.64。140キロ後半~150キロ前半の速球を投げる投手は多いが、まだピッチング内容が荒く、エースのエイベルはオープニングラウンドでは不調だった。

 一方、打線は俊足巧打の中距離打者のハッセルは、22打数11安打1本塁打8打点と好成績を残しており、スーパーラウンド以降も活躍が期待できる。また、打率.444のアームストロング、打率.429のハンターなど、左打者が当たっている。ただ、一気に畳みかける集中打は少なく、攻撃の無駄も多い点が気になる。

 例年、アメリカ代表はスーパーラウンドから、一気に状態を仕上げてくるだけに、これからの戦い内容に注目だ。

【チャイニーズタイペイ】WBSCランキング4位  チーム打率.277 チーム防御率2.75
 得失点率でBリーグ3位となったが、実力的には日本、アメリカとは、そん色ない。

 投手陣では日本打線を5回1失点に抑えた左腕・王彦程。パナマ戦で6回1失点の好投を見せた速球派右腕・陳柏毓。左のエース候補として7.2回を投げ1失点の好投を見せている林昱岷は、トルネード気味のフォームから140キロ前半の速球、切れのあるスライダーで翻弄した。
 速球派を多く擁するチャイニーズタイペイは、成績がふるわなかった投手たちがどれだけ復調するかがポイントだ。

 打線では、日本戦で2点適時二塁打を放った羅暐捷に注目。12打数5安打6打点と勝負強さが光る左の強打者。打率.357の林政華も見逃せない。スーパーラウンドでは、打率.091に終わった4番・岳政華の復調がカギ。台湾プロ野球のドラフトで1位指名される評価を受けた打力を発揮できるか。

【次のページ】 韓国、オーストラリア、カナダの成績

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第13回 元中日の李 鍾範の息子・李政厚の人気が沸騰中!風の孫の進化が見逃せない!【世界の高校野球】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
チャイニーズタイペイ代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
チャイニーズタイペイ代表vsオーストラリア代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国vsオーストラリア【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
アメリカ代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18日本代表vsオーストラリア代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第18回 ブルータグ株式会社 南 啓介さん 【2008年インタビュー】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム