第36回 個性のクセが強い!WBSC U-18出場国のユニフォームを紹介【後編】2019年09月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップも、いよいよスーパーラウンドに突入して佳境に入った。敗退が決まったチームもあるが、どのチームも個性があり非常に見応えのあるチームばかりであった。

 今回は、大会に出場した各国のユニホームに着目していきたい。後編の今回は韓国、中国、台湾、パナマ、南アフリカ、日本の6チームを紹介していく。

ユニフォームコレクション



パナマ代表のユニホーム

パナマ代表
 パナマは中米と南米を結ぶ地峡にある国で、キューバやベネズエラといった野球王国に近い場所に位置している。その影響もあってか帽子やユニホームの色使いもキューバに似たものを感じさせる。デザイン自体にモダンさ無くても、往年の野球強豪国を思わせるようなデザインだ。



韓国代表のユニホーム

韓国代表
 日本人にとって、アメリカ以上に馴染み深いユニホームではないだろうか。隣国であり、同じアジアのライバル国として幾度となく激戦を繰り広げてきた。これからもこのコリアンブルーのユニホームは、日本の宿敵として立ちはだかり続けるだろう。



チャイニーズタイペイ代表のユニホーム

チャイニーズタイペイ代表
 シンプルでありながら左胸のロゴマークにはしっかりとエッジが利いており、先進性を感じされるユニフォームだ。チャイニーズ・タイペイも韓国と同様に、同じアジアのライバル国として何度も国際大会で顔を合わせてきた間柄だ。特に2013年の第3回WBCで演じた激闘は、記憶に残っている野球ファンも多いのではないだろうか。



中国代表のユニホーム

中国代表
 出場国の中でも、かなりクセの強いデザインなのではないだろうか。赤とグレーの配色は、中国代表トップチームで採用したもので、U-18でもこの流れを汲んだデザインとなった。
 デザインは特徴的だが、「情熱」や「力強さ」を表す赤と「信頼」や「落ち着き」を表すグレーの配色は、非常に力強さを感じる。



南アフリカ代表のユニホーム

南アフリカ代表
 一見、オーストラリア代表のユニフォームにも似ておりシンプルな印象を受けるが、胸のロゴデザインにこだわりを感じさせる。やや角張ったフォントは、雄大でありながら生存競争も激しい南アフリカの大自然を連想させる。オープニングラウンドで惜しくも敗退となったが、大きなポテンシャルを秘めたチームであった。



日本代表のユニホーム

日本代表
 日本代表のユニフォームにピンストライプが採用されたのは、2013年のWBCで優勝を逃してからだ。初めは違和感を感じるとの意見もあったが、今では風格溢れるユニホームとして定着したように感じる。このモダンでスタイリッシュな日本代表のユニフォームが、これから世界を席巻することを期待したい。

(取材=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第13回 元中日の李 鍾範の息子・李政厚の人気が沸騰中!風の孫の進化が見逃せない!【世界の高校野球】
U-15日本代表vsフィリピン代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vsチャイニーズ・タイペイ代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vs松山市代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
日本ウェルネスvs首里【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
創価vs日本学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
都立青井・都立日本橋 【高校別データ】
都立日本橋 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
日体大柏 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
日本航空二 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム