第21回 小柄でも強烈な存在感を示すファイター・坂下翔馬(智辯学園)。気迫溢れるプレーからチームに良い流れを2019年08月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 代表選手では最も小柄な164センチだが、気迫溢れるプレーを見せる姿に身長以上の存在感を発揮するファイター・坂下 翔馬。主将に就任したのは永田代表監督をはじめとしたスタッフたちの推薦。永田監督は、智辯学園の小坂将商監督に意見を聞いたうえで、主将に抜擢した。

 坂下は結束を深めるために多くの選手とコミュニケーションを取ることに努めた。そういう中で助かっているのは、所属チームで主将を務めていた選手の存在だ。
 「僕が言わなくても意見してくれたり、気を配ってくれるのでありがたいです」と語る。

 また試合を見ると、坂下はタイムを取って投手に声をかけるだけではなく、ピンチ時では捕手の水上 桂(明石商)の肩にかけて話し合っている場面が見られた。

 そしてプレイヤーとしては力強さを求めている。2番打者として細かい役割を求められるが、小さくまとまるつもりはない。
 「木製バットなので、打撃が小さくなってしまうと前に飛ばないので、なるべく全身を使ってスイングをしています」
 練習中からスタンスを広げ、フルスイングで力強い打球を飛ばしていた。奈良大会では5本塁打を放っており、感覚をつかめば、長打も期待できるだろう。さらに「スピードには自信がある」と語るように二塁守備も身のこなしが軽快で、守備範囲が広い。

 智辯学園では、坂下が気迫溢れるプレーを見せると、チームが活気づいて、逆転劇を見せる試合が多くあった。日本代表でも、坂下のワンプレーから活気づく試合運びを見せれば、世界一は近づいていくだろう。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
U18W杯で日本のライバル国・韓国を分析!
韓国で戦う高校日本代表の野手11人のストロングポイントを徹底分析!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯学園vs奈良大附【奈良県 2019年秋の大会 令和元年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
第26回 ハイレベルな先輩、ライバルに刺激を受け、成長を見せてきた大型遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第20回 全国舞台の活躍は折り紙付き 横山 陽樹(作新学院)は寡黙にこなす仕事人【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第18回 念願だった日本代表。二刀流として大暴れを見せる!遠藤成(東海大相模)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第17回 強烈な負けず嫌いの奥川の恋女房・山瀬慎之助(星稜)。自慢の強肩とキャッチングで勝利に導く!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
近江vs智辯学園【2019年春の大会 近畿大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年春の大会 近畿大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
第492回 智辯学園高等学校 太田 英毅選手 「目指すはセンバツ二連覇!」 【2017年インタビュー】
第430回 智辯学園高等学校 納大地選手 「安打1本で急上昇したアベレージヒッター!」  【2016年インタビュー】
坂下 翔馬(智辯学園) 【選手名鑑】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム