第18回 念願だった日本代表。二刀流として大暴れを見せる!遠藤成(東海大相模)2019年08月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 石川 昂弥東邦)に次ぐ高校通算45本塁打を放ち、二刀流としても期待される大型プレイヤー・遠藤 成。本荘由利シニア時代から二刀流として活躍を収め、東海大相模入学後から日本代表を目指して日々の練習に取り組んできた。

 1年秋から投手としての出番が増え、2年春の選抜の聖光学院戦でリリーフとして出番し、初の全国デビューとなった。

 さらなる飛躍を目指した2年夏は、大会直前に右手首を骨折してしまい、ベンチ外。その悔しさをバネに練習に取り組み、投打で才能を伸ばした。今では投手として最速145キロの速球と鋭い落差を見せるフォークを武器にする本格派右腕、野手としては高校通算45本塁打を記録する強打と、強肩を生かした遊撃守備が武器となった。

 この夏の甲子園では近江戦で先発し、7.1回を投げて自責点0の好投を見せたが、打撃では2試合通じて8打数2安打に終わり、思うような活躍ができなかった。その分、念願の日本代表入りとなった今大会では活躍に燃えている。24日の駒澤大戦のダブルヘッダーでは2試合連続で適時打を放ち、木製バットでも力強い打球を打ち返している。遠藤は「木製バットでも違和感はないです」と準備万端。投打で高い才能を示し、日本の勝利に貢献していきたい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
鵜沼魁斗(東海大相模)「走攻守三拍子揃った巧打の外野手は愛されキャラ!?チームを1つにさせる重要な存在」
奥川恭伸、さらなるステップアップへ。全国トップクラス・東海大相模打線と対戦して学んだこと
U18W杯で日本のライバル国・韓国を分析!
韓国で戦う高校日本代表の野手11人のストロングポイントを徹底分析!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第26回 ハイレベルな先輩、ライバルに刺激を受け、成長を見せてきた大型遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
遠藤 成(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム