第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを2019年08月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

  佐々木 朗希とともにダブルエースとして期待される奥川 恭伸。常時140キロ後半~150キロ前半のストレートは空振りが奪え、130キロ中盤のフォーク、チェンジアップ。また120キロ後半の縦スライダー、横のスライダー、カーブと球種が豊富。打者への攻め方のバリエーションも多く、さらに制球力が高いので、少ない球数で三振を奪える理想的なピッチングを甲子園でも展開した。

 通算41.1回を投げ、51奪三振、7四死球、防御率1.55、1試合平均の球数は12.39と決勝戦の履正社戦を除けばほぼ完ぺきな投球だった。特に智辯和歌山戦の23奪三振の快投は佐々木 朗希をはじめ多くの代表選手が「智辯和歌山との試合は印象に残った。あのピッチングは高校生じゃない」と口をそろえる。

 また投球術の高さだけではなく、マウンド上では常に笑顔でいるのも見逃せない。奥川は自身の表情1つがチームを勇気付ける一方で、動揺を誘ってしまうことを認識している。だからこそ星稜のチームスローガンである「必笑」を体現し、ナインを安心させたことも、今年の甲子園準優勝につながったのではないだろうか。

 甲子園のような快投を見せるにはコンディショニング次第となる。25日から代表合宿の練習に参加した奥川は27日までの3日間、ノースローで、下半身強化や、理学療法士と話をしながら、疲労回復と調整に努めた。

 甲子園決勝22日から中7日で開幕する今大会。この短期間で、どれだけ調子が戻るか不透明。それでも少しずつ調子を上げて、奥川らしいピッチングを見せることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴
2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?
記録にも記憶にも残る奥川恭伸のピッチング。奥川は伝説の投手になった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第4回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「北信越4連覇と無類の強さを発揮!打線の力は昨年以上」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第95回 ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!【高校野球コラム】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
第30回 吉村卓也が注目の高校生ドラフト候補をピックアップ!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム