第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手2019年08月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]3年生18人中17人がプロ指名のプロ予備軍
[2]注目される1次指名の6人/チームをリードする全国大会優勝バッテリー

3年生18人中17人がプロ指名のプロ予備軍



昨年のアジア選手権を2大会ぶりに制したライバル・韓国

  8月26日、韓国のドラフト会議が行われた。ここ数年は、国際大会の後に開かれていたが、今年は、野球のU18W杯が韓国・機張(キジャン)で開催されるため、大会の存在を知らせる意味もあり、この時期の開催になったようだ。

 というのも韓国では、高校野球の関心が非常に低い。そのうえ大会が、釜山の中心部から1時間ほどかかる機張で開催されるため、大会の存在はそれほど知られていない。韓国を代表するホームラン打者である李承燁(イ・ソニョプ)を広報大使にするなど、盛り上げに努めている。今回のドラフトも、代表選手の多くが指名されることでプロ野球ファンも引きつけ、大会を知らしめる効果も狙ったようだ。

 実際今回のドラフトで、代表選手20人のうち、17人が指名された。2年生2人を除けば、指名されなかったのは1人だけだった。

 もっとも、韓国のプロ野球は10球団だが、高校は80チームしかない。それでも、今回のドラフトでは各球団が10人ずつ指名している。

 さらに7月1日には、各球団のフランチャイズ地域の高校の選手を1人優先指名(1次指名)しているため、全体として指名されたのは110人になる。早稲田実業、早稲田大などで活躍した安田 権守(安権守・カナフレックス)のような在外同胞、海外からのUターン、大学生、独立リーグの選手などもいるが、指名されたのは大半が高校生であり、代表クラスの選手が指名されるのは当然である。その中で注目されるのは、日本のドラフト1位に相当する1次指名の選手と、今回のドラフトで上位指名された選手である。

【次のページ】 注目される1次指名の6人/チームをリードする全国大会優勝バッテリー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
早稲田実業vs中大杉並【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第266回 法律的にも批判されている韓国版「田澤ルール」撤廃。プラスになるような改革を韓国でも【後編】【ドラフト特集コラム】
第265回 2年間の契約不可、契約金不可…。日本の田澤ルールより厳しい「韓国版田澤ルール」の制約とは?【前編】【ドラフト特集コラム】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs早稲田実業【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
明大中野八王子vs早稲田実業【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
早稲田実業vs都立府中西【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
早稲田実業vs八王子実践【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
試合で役立つメンタルマネジメント
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
安田 権守(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム