第15回 二季連続甲子園ベスト4の明石商の正捕手・水上 桂!代表投手と組む楽しさと謙虚さを忘れずに2019年08月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

  二季連続甲子園ベスト4の明石商。今年、春夏の甲子園で挙げた7勝は夏の甲子園優勝の履正社、準優勝の星稜よりも1勝多い。

 その明石商の攻守の中心が水上 桂だろう。投手の持ち味を引き出すキャッチングとリード。さらに1.8秒台のスローイングで盗塁阻止。そして2番打者としては巧打、強打を発揮し、夏の甲子園では2回戦の花咲徳栄戦でバックスクリーン弾を放った。

 甲子園での活躍が認められ、晴れて選出が決まった水上は、狭間善徳監督から「調子に乗らず、謙虚にプレーしなさい」とエールを送られ、合宿に合流した。

 水上は代表入りで最も楽しみにしていたのは代表9人の投手たちとバッテリーを組むことだ。
 「みんなが凄い投手ばかりで、そういう投手と組むのはずっと楽しみにしていました」と笑顔を見せる。合宿初日では163キロ右腕・佐々木 朗希大船渡)のボールをいきなり受けることに。

 佐々木のボールについて「ストレートの速さだけではなく、あの長身(193センチ)から投げ込むので見たことがない角度でしたし、低めは伸びてくるんです」と興奮気味に語っていた。

 実戦が始まってから攻守でも存在感を発揮している。初実戦となった24日の駒澤大戦の第1試合で先制の適時二塁打。捕手としても投手陣の持ち味を引き出し、完封勝ちを演出。また盗塁も阻止して強肩を披露した。そして大学代表戦でも先発マスクをかぶり、水上の評価は日増しに高まっている。

 これからも謙虚な心を忘れず、日本の勝利を導く。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表が駒澤大と対戦!2試合をレポート!
侍ジャパンU-18代表vs侍ジャパン大学代表 「高校日本代表、収穫のある引き分け」
侮れない2番捕手・水上桂(明石商)!来春はいぶし銀の活躍を見逃すな!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
関東一vs明石商【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
水上 桂(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム