第14回 鵜沼魁斗(東海大相模)「走攻守三拍子揃った巧打の外野手は愛されキャラ!?チームを1つにさせる重要な存在」2019年08月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 アグレッシブベースボールを掲げる東海大相模を体現する選手・鵜沼魁斗(東海大相模)。単打であっても、猛然と二塁に向かい、チャンスメイクするだけではなく、先頭打者本塁打もたびたび記録する打撃力の高さも誇る。さらに守備範囲が広く、強肩も披露するなど、走攻守三拍子揃った外野手だ。

 速球投手への対応力も高く、昨秋の県大会では横浜の153キロ左腕・及川 雅貴から二塁打も放っている。

 今年はさらに長打力が向上し、高校通算20本塁打を超えた。

 今回、U18は2年生ながらの代表入りだが、人見知りしないという鵜沼はすぐに先輩たちと打ち解け始め、今では、佐々木 朗希からも気に入られて、佐々木からは「国内合宿のMVP」と評されるなど、持ち前の茶目っ気で、チームのムードメーカー役となった。

 鵜沼は、先輩たちについて「とても優しい先輩たちです。あと結構、寂しがり屋の先輩もいるので、僕が構っている感じです」と笑う。そんな鵜沼は、先輩に対して「さん」ではなく「くん」付けで呼ぶ。先輩選手たちもそれを受け入れており、関係性の良さが伺える。まさに、愛されキャラの2年生。チームが1つになるには鵜沼のような存在は重要だ。

 技術面では、課題だった木製バットも、軸回転でスイングすることを意識し、打球にも力強さが出てきた。世界大会でも鵜沼らしさを発揮していきたい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表が駒澤大と対戦!2試合をレポート!
呼吸しただけで爆笑?! U18代表のムードメーカー・鵜沼魁斗の愛され力

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
鵜沼 魁斗(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム