第13回 大学日本代表4番・牧秀悟(中央大)が始めた意識改革は“先手”だった2019年08月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

牧秀悟(中央大)

 高校日本代表vs大学日本代表の壮行試合は5対5の引き分けとなった。高校日本代表の投手陣が凄いと口をそろえたのが、大学代表の4番に座る牧 秀悟(中央大)だ。

 松本第一出身で大学3年生の牧は、1年生からレギュラー。2年生秋と3年生の春にベストナイン受賞し、大学代表に選出。中軸に座り、16打数4安打5打点の活躍で優勝に貢献。高校日本代表との試合でも4打数2安打2打点、6回には西 純矢から同点の本塁打を放った。

 打撃で活躍を見せた牧は試合後、「(4回に回ってきた打席について)無得点できていて、追い込まれていましたがチャンスだったので右方向を意識しました。本塁打に関してはびっくりしています。ただ負けている状態であの打席は出塁するつもりで打って、結果として同点にできたのは嬉しいです」とあくまで謙虚な振り返りだ。

 8回の第4打席でもセンターフライだったが素晴らしい当たりを放つなどバッティングで活躍した牧選手。好調の要因は、とにかく様々な選手のバッティングを見て観察してきたことがあった。
 「打つべきボールをどうやって打つのか。そこを見ています。特に先月のアメリカ戦の時は柳町さんや宇草さんに打席での意識などを聞いて取り入れました」

 そこで牧選手は先手を打っていくように意識改革をした。
 「前は後手というか、自分が待っている球が来たら振っていましたが、振っていく中でタイミングを合わせるようにしました。『どんどん振っていった方が良い』というアドバイスを取り入れてから上向きになりました」

 牧自身の中で打撃においてタイミングに重きを置いている。そのうえでも自分のタイミングで後手に回るのではなく、ピッチャーの動き出しとともに自身もタイミングを取り始めて先手の意識をもって打席に入ることで結果に繋げてきた。

 また意識改革は打撃だけではない。守備ではショートを守る小川 龍成からスプリットステップを教わった。
 「それまでは守備は上手くなかったですが、小川は守備が上手いので、どのタイミングでどうやって飛んでいるのか。話を聞いたりして、取り入れたら一歩目の速さや反応は良くなりました」

 今秋のリーグ戦へ向けて牧は、「まだ優勝したことがないので、優勝をしていきたいです」と戦国東都の頂点へ決意をあらわにした。

 代表に選ばれ多くの経験を蓄積した牧。「貴重な経験ができたので、今後に活かしていきたいです」と振り返ったが、その集大成を東都リーグ制覇という形で証明したい。

記事=田中 裕毅

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第253回 牧 秀悟 (中央大3年・内野手)「侍ジャパン大学代表」の重圧は プロ入り果たすための準備期間【ドラフト特集コラム】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
第968回 長野県秋季大会展望 北信越大会に出場するのはどこだ!【大会展望・総括コラム】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs松本第一【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
第766回 高次元なパフォーマンスは高い意識から 大学No.1外野手・辰己涼介(立命館大)に秘める自己分析力! 【2018年インタビュー】
松本国際vs松本第一【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
松本第一vs小海【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
上田西vs松本第一【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会】
松本第一vs松商学園【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会 中信予選会】
牧 秀悟(松本第一) 【選手名鑑】
松本第一 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム