第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!2019年08月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大学生相手にも剛速球でねじ伏せた佐々木朗希
[2]西純矢、奥川恭伸の現状は?

  侍ジャパンU-18代表の国内合宿では3試合行われたが、1勝1敗1分けに終わった。改めて投打別に分けて、選手たちの仕上がり状況を徹底レポート。現状の課題を確認していきたい。

大学生相手にも剛速球でねじ伏せた佐々木朗希



佐々木朗希(大船渡)

 【投手編】

11 佐々木 朗希(大船渡) 2試合 2回3奪三振無失点 
 状態は間違いなく上がっている。大学代表戦で平均球速は約154キロを計測したように、大学生相手にも伸びのある剛速球でねじ伏せた。かなり慎重を期して起用しているように、世界大会では限定的な起用となりそう。
 佐々木は150キロ超えのストレートだけではなく、フォークの落差もすごい。国際球は、日本の公式球に比べて、フォークが落ちやすいのでそれが好影響を与えているかもしれない。結果はともかくとして、世界の強豪国の強打者たちとのガチンコ勝負が楽しみだ。

 12 浅田 将汰(有明) 2試合 4打数0安打 
 24日の駒澤大戦の第1戦で、右ひじに死球が当たり打撲。野手としての出場が続いている。ここまでハイレベルな投手との対戦が続いたことで、まだ持ち味は発揮できていない。ただ、本人は「投球のほうが自信ある」と語るように140キロ後半の速球、縦に鋭く落ちるチェンジアップのコンビネーションが絡めば、世界で通用する投手であることは間違いない。投手としての復帰を願いたい。

 13 池田 陽佑(智辯和歌山) 1試合 2回 無失点 
 150キロを計測する池田だが、24日の駒澤大戦では2回無失点したものの、最速は140キロにとどまった。あまりコンディションは良くない様子。それでも焦ることなく、状態を高めてほしい。甲子園の激闘から1週間もたたないうちに、合流して状態を挙げるのは難しい。しっかりと休養を取りつつ、全開のピッチングでねじ伏せることを期待したい。

 14 前 佑囲斗(津田学園) 1試合2回無失点 2奪三振 
 最速140キロにとどまったが、回転数の高いストレートは相変わらず抜群で、130キロ後半でも空振りが奪える。本人曰く調子は6~7割。しっかりと状態を高めれば、活躍が期待できるだろう。

 15 飯塚 脩人習志野) 2試合 3回8奪三振 1失点(自責点0)
 今、最も状態が良い投手。140キロ後半の速球で、大学生から次々と三振を奪ったストレートは脅威。さらに135キロ前後のフォーク、130キロ前半のスライダーの切れも素晴らしく、どの球種でも勝負ができる。
 高校生でこれほど、リリーバーとして力を発揮できる投手もなかなかいない。
 習志野同様、侍ジャパンU-18代表投手陣の中でも切り札的な存在になりそうだ。

【次のページ】 西純矢、奥川恭伸の現状は?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第4回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「北信越4連覇と無類の強さを発揮!打線の力は昨年以上」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第95回 ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!【高校野球コラム】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs初芝立命館【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
奈良大附vs近江【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第2回 全国トップレベル!走攻守の3拍子が揃った遊撃手・土田龍空(近江)【滋賀の高校野球】
飯塚 脩人(習志野) 【選手名鑑】
池田 陽佑(智辯和歌山) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
前 佑囲斗(津田学園) 【選手名鑑】
牧 秀悟(松本第一) 【選手名鑑】
有明 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
駒大岩見沢 【高校別データ】
駒大高 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム