第9回  試合に出たい!真剣に課題に向き合う野球小僧・武岡龍世(八戸学院光星)2019年08月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 八戸学院光星の攻守の中心選手として活躍を収めたショートストップ・武岡 龍世
 1年時から公式戦に出場し、2年夏に初の甲子園出場を果たすと、その後、3季連続で甲子園出場を経験。大舞台の経験は豊富だ。

 打撃では、センター方向へ伸びる打質が特長。昨秋の明治神宮大会の東邦戦では、バックスクリーン弾を放ち、この夏の甲子園の智辯学園戦でも、右中間へ甲子園初アーチをかけた。好調時は右、左に安打を量産し、勝負強い打撃を見せてきた。

 武岡は夏の甲子園準々決勝敗退後、短い期間ながら木製バットの練習に打ち込んできた。調子も日に日に上がり、合宿4日目の25日の練習では手ごたえを感じていた。

「今日が一番良かったです。内角球、外角球をヒットにできています」

 そんな武岡の課題は、いかに自分のポイントで打てるかだ。
 金属バットでは捕手寄りのポイントで捉えていたが、木製バットの場合、これまでのポイントだと飛ばないため、ポイントを前に置いて打てるよう、微調整を繰り返してきた。

 また守備では、代表入りしてから本職のショートではなく、外野手としての練習を繰り返している。必死にボールに食らいつく武岡にその理由を尋ねた。
「やっぱり試合に出たいからです。でも真剣に外野の練習を行ったのは初めてで、カバーリング、送球するときの距離感もまだつかめていません。今は、全然ダメです」

 そう自身のプレーを厳しく振り返りながらも、随所でみせるソツのない動き、遠投110メートルの強肩を生かした正確性の高いスローイングには、センスの高さを感じさせる。
 課題を明確にしながらストイックに取り組む武岡の姿勢は、必ずや世界の舞台で実るはずだ。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表が駒澤大と対戦!2試合をレポート!
甲子園初アーチはバックスクリーン弾 武岡龍世(八戸学院光星)の復活の過程

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
柴田vs八戸学院光星【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第884回 求道者・熊田任洋(東邦)が望むのは全国最多のV5!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 4番熊田任洋(東邦)はチーム一の求道者!経験を力に変える学習能力の高さ 【2019年インタビュー】
第830回 2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る 【2018年インタビュー】
武岡 龍世(八戸学院光星) 【選手名鑑】
八戸学院光星 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム