第8回 底知れぬポテンシャルを持ったアスリート型プレイヤー!森 敬斗(桐蔭学園) 2019年08月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年の代表選手の中で、身体能力ではナンバーワンと呼べるのが森 敬斗桐蔭学園)だ。
 打撃では全身を上手に使ったフォームから長打を量産。遊撃守備では、深い位置からでもダイレクトスローできる強肩が大きな武器で、さらに二塁到達タイムは7秒前半を計測。走攻守においてポテンシャルの高さをみせる。

 森がブレイクしたのは昨秋の関東大会だ。初戦の常総学院戦で、逆転サヨナラ満塁弾を放ち勝利に導く。優勝した同大会では17打数7安打、3本塁打12打点、3盗塁を記録し、走攻守で躍動した。しかし、明治神宮大会でも、センバツでも初戦敗退と全国の舞台で悔しい思いをしてきた。それでも、選考委員は森の能力の高さを評価し、晴れてU18代表入りとなった。

 神奈川大会終了後、木製バットでの打撃練習を繰り返してきた森。U18合宿が始まってからは、石川 昂弥東邦)のスイング軌道やバットの出し方を観察しながら、微調整を測ってきた。

 その成果は少しずつ出ており、駒澤大戦のオープン戦では右前安打を放ち、さらにホームラン性のファールを放つなど、木製バットでも長打を打てる技術が備わってきている。

 また現在、センターを任されている森は、オープン戦でセンターフライから飛び出した走者を逃さず、フォースアウトにしたり、シートノックでもセンターの守備位置からキャッチャーまでライナー性の返球を投げる強肩を披露した。

 森の身体能力は、世界一を狙う日本にとって大きな原動力となるだろう。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表合宿がスタート!主将は坂下翔馬(智辯学園)に決定!
神宮で大きな宿題をもらった森敬斗(桐蔭学園)課題を乗り越え、甲子園でもスーパー森を

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第236回 今年の高校生外野手は井上、菊田を筆頭にスラッガー揃い!【厳選9外野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1047回 覚醒目前!強打の核弾頭・森敬斗(桐蔭学園)を目覚めさせた指揮官のワンポイントアドバイス 【2019年インタビュー】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
森 敬斗(桐蔭学園) 【選手名鑑】
桐蔭学園 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム