第3回 智辯魂を胸に刻み、世界の強打者をねじ伏せる!池田陽佑(智辯和歌山)2019年08月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 春から夏までの成長度では、今大会の代表9投手の中でも最も成長を見せた投手ではないだろうか。センバツの最速は141キロだったのが、夏の選手権・2回戦の明徳義塾戦で最速150キロを計測し、約9キロのスピードアップに成功したのだ。スピードアップの背景には軸足の使い方、左腕の使い方、リリースのポイントなど投球フォームの全面を見直したこと。さらにシーズンに入ってもトレーナーと相談しながら、筋力量を落とさずトレーニングしてきたことが爆発的な球速アップにつながった。

 今ではコントロール重視でも常時140キロ中盤のストレートを内外角に投げ分けられるまでに成長。さらに手元で微妙に動く独特の球質も大きな武器だ。変化球はスライダー、フォーク、カットボールの3球種を投げ分け、手元で鋭く落ちて空振りを奪え、この夏の甲子園では3試合、20.1回を投げ、自責点2、防御率0.89と抜群の安定感を発揮した。

 合流前、智辯和歌山の中谷仁監督、主将・黒川 史陽から激励を受けた。
「中谷さんからは『永田さんの力を借りなさい』といわれて。史陽からは『智辯を背負っていけ』といわれました」
 世界一のためには「どんなポジションでも投げたいです」と意気込む池田。智辯魂を忘れず、世界の強打者をねじ伏せていく。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表合宿がスタート!主将は坂下翔馬(智辯学園)に決定!
驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第50回 これをすれば失点は防げる! 明徳義塾(高知)の「一塁手守備練習」【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1018回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
池田 陽佑(智辯和歌山) 【選手名鑑】
智辯和歌山 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム