第1回 手術件数年間200件、「球数制限はせざるを得ない状況になっている」古島弘三医師 インタビューVol.12019年08月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]松坂、吉田は例外中の例外だと思ってほしい
[2]なぜ球数制限はしないといけないのか?

 今年から球数制限が盛んに叫ばれる年となっている。日本高野連は有識者会議を開催し、議論を行った。ここで球数制限についてどうしても聞きたい方がいる。それが古島 弘三医師だ。古島氏は慶友整形外科病院でスポーツ医学センター長を務め、小学校からプロ野球までの投手のスポーツ障害の治療、手術を担当している。現在、多くのメディアから注目されている古島医師の球数制限論についてお話を伺った。

 まず古島氏は球数制限賛成派の方である。なぜしなければならないのか。その理由はスポーツ医学に基づいた意見で、耳を傾けなければならないものがある。指導者、選手の皆様は真摯に耳を傾けてほしい。


続きはこちら!
「球数制限の前に良い投球フォーム」という声に古島医師の見解は? インタビューVol.2
「大会前の追い込み練習はマイナスでしかない」古島弘三医師 インタビューVol.3

松坂、吉田は例外中の例外だと思ってほしい



古島医師

―― まず先生に伺いしたいのは、野球関連ですと、年間何人くらいの手術を請け負っているのでしょうか?

古島医師(以下 古島) 年間200人くらいでしょうか。以前はもっと多かったです。トミージョン手術だけで年間100件くらいいく年もありました。今は保存治療で柔軟性の強化、投球フォームの修正、必要な部位の筋力強化などでリハビリテーションによって復帰ができるようになってきており手術をしない事も多くなりました。以前と比べてリハビリが進化してきたので、昔と比べたら手術の件数は半分以下になりました。

――なるほど衝撃的な件数で驚きました…。そうなると、今も故障や怪我に悩んで先生に連絡を取る選手は多いんですか。

古島 そうですね、まだまだかなりいます。吉田(輝星)選手のように、短い期間に多くの球数を投げても故障しないケースは何万人に一人ですからね。
 その陰で世間的には見えないところで肘や肩を壊して挫折した、野球を諦めた選手はいっぱいいるわけです。皆さん、それを知らないだけなんです。

――では、吉田選手や松坂大輔選手は例外中の例外だと?

古島 そうです。毎年一人で投げ抜いてこれる選手がたくさんいるわけではないですからね。ただ問題はそれを見本として、球数制限がなくてもいいという考えの人がおります。でもその人たちは医療現場のことは何も知らないんです。

――確かに、プロ、アマチュア限らず、生き残った人をお手本にする傾向があります。またそこで偉大な実績を残した方の意見は強くなるし、影響力も大きい。

古島 そうです。だから吉田(輝星)くんをお手本にしてはダメなわけですよ。
 肘肩の故障でベンチすら入れなかった、大会に出たけど痛みを我慢しながらやった、痛くて最後はパフォーマンスを上げられなくて負けた、こういう選手を含めたら全国で千人単位でいると思います。

――実際に記事などで選手達が手術をしているというのを見ると本当に深刻なんだなと感じます。

古島 それは本当に変えなきゃいけない。好きな野球を続けるために手術しなければならなくなってしまうわけですから。いったい誰が悪いのかと。

【次のページ】 なぜ球数制限はしないといけないのか?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
球数制限問題

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム