【地方大会戦歴】 第101回宮城大会結果
【戦歴・選手名鑑】 仙台育英

層の厚い投手陣と潜在能力の高い打撃陣



完成度の高い投球を見せた伊藤樹(仙台育英)(写真は春季大会より)

 宮城大会では仙台育英が優勝し、3年連続28回目の夏の甲子園の切符を掴んだ。

 今年の東北地区の中で最もタレントを揃えたチームと言っても過言ではない。

 投手陣は3年大栄 陽斗鈴木 千寿、2年菅原 天斗、1年伊藤 樹笹倉 世凪と層が厚い。特に伊藤 樹は1年生離れした完成度を誇る。球種も130キロ前後のスプリット、120キロ台のスライダー、カーブ、チェンジアップと多彩。宮城大会決勝の東北高校戦で7回以降登板し、見事に試合を締めてみせ、甲子園での活躍も非常に楽しみな存在だ。

 決勝では主将の千葉 蓮が逆転本塁打を放ち、4打数4安打と大活躍だった。チーム全体は36打数15得点17安打と強力打線は健在。個々の選手の能力が高いだけに地元の期待も高い。

他の49地区代表 出場校紹介コラムも読む

※ベンチ入りは18名となります。

登録選手

背番号氏名学年ポジション
1大栄 陽斗3投手
2木村 航大1捕手
3宮本 拓実2一塁手
4中里 光貴3二塁手
5千葉 蓮3三塁手
6入江 大樹2遊撃手
7岩間 大翔3左翼手
8水岡 蓮3中堅手
9小濃 塁3右翼手
10鈴木 千寿3投手
11笹倉 世凪1投手
12猪俣将大3捕手
13穂積瞭太3
14門脇 健太3
15小野寺 真輝2
16渡辺旭1
17佐藤 真敬3
18伊藤 樹1投手

登録選手

››
背番号氏名学年ポジション身長体重
1大栄 陽斗3投手
2木村 航大1捕手
3宮本 拓実2一塁手
4中里 光貴3二塁手
5千葉 蓮3三塁手
6入江 大樹2遊撃手
7岩間 大翔3左翼手
8水岡 蓮3中堅手
9小濃 塁3右翼手
10鈴木 千寿3投手
11笹倉 世凪1投手
12猪俣将大3捕手
13穂積瞭太3
14門脇 健太3
15小野寺 真輝2
16渡辺旭1
17佐藤 真敬3
18伊藤 樹1投手