第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!2019年08月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第101回全国高等学校野球選手権は、履正社の優勝で幕が閉じた。大好評のベストナインを発表!

第101回全国高等学校野球選手権ベストナイン



ドットコムが選ぶベストナイン ※写真一部=共同通信社

ベストナイン 
投手 奥川 恭伸星稜
捕手 藤田 健斗中京学院大中京
一塁手 近藤 遼一八戸学院光星
二塁手 中里 光貴仙台育英
三塁手 大栄 陽斗仙台育英
遊撃手 松浦 佑星富島
外野手 福田 真夢 (作新学院
外野手 細川 凌平智辯和歌山
外野手 井上 広大履正社

 星稜奥川 恭伸は初戦の旭川大高戦の94球完封から始まり、智辯和歌山戦の延長14回165球23奪三振の熱投もみせた。ピッチング内容はまさにドラマティックで、決勝こそ履正社打線に打たれたものの、準決勝までは防御率0.00と圧巻の成績を残し、今大会の主役となった。

 捕手は中京学院大中京藤田 健斗を選出。今大会は多くの好捕手がいたが、準決勝まで打率5割を残した打撃内容と、守備内容含めて今大会一の捕手として評価したい。

 一塁手の八戸学院光星近藤 遼一は、2回戦、3回戦と2試合連続本塁打。さらに14打数9安打。2本塁打7打点、打率.643と、青森大会6本塁打の打撃は本物だった。泥臭い一塁守備も光り、文句なしの選手である。

 二塁手の仙台育英中里 光貴は、二桁安打到達した巧打のセカンドだ。思い切りのよい打撃スタイルに加え、バッティングのメカニズムを見ても手打ちではなく、腰を使ってしっかりと振り切ったスイングで高レベル。さらに、走塁、守備のレベルも高い。今大会、二塁守備が上手い選手が多かったが、打撃、守備、走塁の総合力の高さから中里を選出した。

 三塁は、投手を兼任する仙台育英大栄 陽斗。三塁守備はスピーディで、打撃も15打数10安打6打点と毎試合安打を記録。打撃のレベルが非常に高く、投手としても143キロの速球と、高速変化球を武器にする好投手だった。

 遊撃手で選出した富島松浦 佑星は、初戦敗退となったが、遊撃守備という点では今大会のショートではナンバーワンだった。一歩目の速さ、深い位置からダイレクトでも刺せる強肩、ポジショニングの良さ、周りへの声掛け。すべてがほかの遊撃手と比べても抜きん出ていた。そして、走塁技術も高く、敦賀気比戦では鮮やかなホームスチールを決め、観衆を沸かせた。前評判以上のパフォーマンスを発揮してくれた。

 外野手では、作新学院福田 真夢は1番打者として、筑陽学園戦で初球安打など、相手投手の出鼻をくじく打撃に加え、3盗塁を記録した積極的な走塁は見事だった。さらにレフトからの返球を見るとなかなかの強肩。ああいう1番打者がいたら、嫌だよねと思わせる選手だった。

 智辯和歌山細川 凌平は打率.429を記録。奥川 恭伸から安打を放ったように、どの投手でもフォームを崩さず打てる強さがある選手で、バッティングのメカニズムの良さ、反応力という点では、来田 涼斗明石商)を上回っている。センターの守備、走塁も高レベルで、選出に至った。来田と競いながら伸びていってほしい。

 履正社井上 広大は、今大会14打点を記録。187センチ94キロと日本人離れした体格を生かした修正力が高い強打はほかのスラッガーもぜひ参考にしてほしい打撃スタイル。強肩でもあり、文句なしの選出だ。

文=河嶋 宗一

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
智辯和歌山vs日高【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
健大高崎vs作新学院【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
作新学院vs松商学園【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
大栄 陽斗(仙台育英) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
近藤 遼一(八戸学院光星) 【選手名鑑】
福田 真夢(作新学院) 【選手名鑑】
藤田 健斗(中京学院大中京) 【選手名鑑】
細川 凌平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
松浦 佑星(富島) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
富島 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム