第54回 「魔の6回」前線移動中?2019年08月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 8月19日(月)、第101回全国高等学校野球選手権大会も雨天順延1日を除き初の休養日。今日ばかりはここまで勝ち進んできた4校の選手・関係者のみならず、ファンの皆さんもこのコラムを読みながら激戦の疲労を癒してもらえたらと思います。

 ところで皆さん、この「高校野球ドットコム」では約1週間前、第7日目を終えた時点で「甲子園、ここまでの26試合を統計で出してみると」というコラムを執筆させて頂きましたが、この後、準々決勝を終えた時点ではどのようになっているのでしょうか?今回は第8日目から準々決勝までの19試合を前回同様に統計しつつ、変化の様子を考察していこうと思います。

序盤から仕掛ける傾向がでてきた



7回に逆転をしていくのが得意な中京学院大中京 ※提供=共同通信社

 まず一塁側・三塁側、試合順別、先攻・後攻勝敗分布は以下の通りとなりました。

第1試合(8時開始)
        一塁側3勝(先攻2勝・後攻1勝)
 三塁側2勝(先攻1勝・後攻1勝)

第2試合(当初10時半開始予定)
  一塁側3勝(先攻1勝・後攻2勝) 
三塁側2勝(先攻2勝)

第3試合(当初13時開始予定)
   一塁側4勝(先攻2勝・後攻2勝)
 三塁側1勝(後攻1勝)

第4試合(当初15時半開始予定)
  一塁側1勝(後攻1勝) 
三塁側3勝(先攻1勝・後攻2勝)

先攻 9勝(一塁側5勝 三塁側4勝)
後攻 10勝(一塁側7勝 三塁側3勝)

 さすがに実力が拮抗してくるにつれて、こちらの数字は均一化してくるようです。

 ただ、イニング別の得点分布を19試合から落としてみると、ここは興味深い変化が出てきました。



 1回戦・2回戦では16試合中10試合、3回戦では8試合中6試合が表ないし裏にスコアが動いた「魔の6回」傾向は準々決勝でも4試合中2試合と引き続き顕著ですが、その一方でご覧の通り、1回表・2回表に7回表に大きくスコアが動いています。特に準々決勝では第1・第2・そして第4試合で1回表に3得点、うち2試合に3ランが飛び出す現象もありました。データが出そろい、序盤から仕掛けやすくなったことがこの数字に表れているのか?それとも他の要因があるのか?魔の6回前線が序盤に移動しているのか?残る3試合、どんなスコアの動きが生まれるかを私たちも見極めながら楽しんでみましょう。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第88回 甲子園ブラバン新神曲・國學院久我山「一本」誕生秘話  ~「歌」と「歌詞」の魅力を発揮させた「神曲」~【高校野球コラム】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム