第37回 甲子園、ここまでの26試合を統計で出してみると……2019年08月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 「第101回全国高等学校野球選手権大会」も折り返しの7日目が終了。ここまで全48試合中26試合を消化し、同時に参加49校中26校が大観衆の拍手に送られて聖地を去っていきました。

 そこで今回は26試合を終えた時点でどんな統計が出ているかを、先制・逆転勝ちの傾向は他のメディアさんにお任せしつつ、独自の視点で出していこうと思います。

独自の視点で統計



 

 「第101回全国高等学校野球選手権大会」も折り返しの7日目が終了。ここまで全48試合中26試合を消化し、同時に参加49校中26校が大観衆の拍手に送られて聖地を去っていきました。

 そこで今回は26試合を終えた時点でどんな統計が出ているかを、先制・逆転勝ちの傾向は他のメディアさんにお任せしつつ、独自の視点で出していこうと思います。

 今回の分析は以下の4点です。

一塁側・三塁側の勝敗
試合開始時間帯の勝敗
先攻・後攻の勝敗
イニング別得点分布

 まず一塁側・三塁側の勝敗ですが、一塁側12勝、三塁側14勝という結果となりました。ただし、大会2勝をマークしている八戸学院光星(青森)と高岡商(富山)は1回戦は一塁側、2回戦は三塁側で1勝ずつを収めているので、初戦の観点で見れば12勝ずつで均一化されていることになります。

 ここに当初の試合開始予定時刻の要素を加えてみるとどうでしょう。開幕日については第1試合10時半開始の3試合でしたので、実質第2試合からの3試合として26試合分をあてはめるとこのようになりました。

第1試合(8時開始)        一塁側1勝 三塁側5勝
第2試合(当初10時半開始予定)  一塁側5勝 三塁側2勝
第3試合(当初13時開始予定)   一塁側4勝 三塁側3勝
第4試合(当初15時半開始予定)  一塁側2勝 三塁側4勝

 勝敗の差が特に顕著なのは第1試合と第2試合。朝は真っ先に陽ざしを浴びる一塁側が不利。強い日差しが照り付ける昼になると三塁側が不利になって、日が沈むころになると再び三塁側が勢いを取り戻す傾向が出ています。

 では、先攻・後攻の観点から見るとどうなるでしょうか?ここではさらにドラスティックな傾向が現れました。

先攻 16勝(一塁側9勝 三塁側7勝)
後攻 10勝(一塁側3勝 三塁側7勝)

八戸学院光星(青森)は1回戦一塁側先攻、2回戦三塁側先攻。高岡商(富山)は1回戦一塁側先攻、2回戦三塁側後攻。

 三塁側は先攻・後攻ともに7勝をあげているのに対し、一塁側後攻で勝利をあげたのは5日目第2試合の熊本工(熊本)と同日第3試の岡山学芸館(岡山)、加えて第6日第3試合の中京学院大中京(岐阜)のみです。

 最後にイニング別の得点分布は26試合を終え、このようになっています。



 

 先攻が試合序盤と後半、後攻が中盤に得点する傾向が見える一方で、共通しているのは「6回」に最も多くの得点をマークしていること。グラウンド整備後、先発投手が100球前後に達する時期ということなどが、スコアを動かすファクターになっていると思われます。

 さて、各チームが初戦からの「修正」を施してくる8日目以降も、この統計は維持されるのか。それとも別の流れになるのか?私たちも注目していきましょう。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第88回 甲子園ブラバン新神曲・國學院久我山「一本」誕生秘話  ~「歌」と「歌詞」の魅力を発揮させた「神曲」~【高校野球コラム】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
浦和学院vs済美 part2 寺下友徳の済美観戦記【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】
関東大会特別観戦記【2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム