浜風も使い方によっては観戦の心強い味方に!


 

 全国高等学校野球選手権大会が開催される甲子園、正式名称「阪神甲子園球場」には特有のワードがいくつかあります。たとえば一塁側内野席のライトポール、三塁側内野席のレフトポール際にあり、高校野球では出場校の応援団が陣取る「アルプススタンド」。1924年(大正15年)開設の5年後、1929年(昭和4年)の改修によって威容を現した際、当時としては日本最大級の高さと勾配を擁するスタンドを見て新聞記者が「これはアルプススタンドだ」と記したのが起源とされています。

 その中で代表的なのは「浜風」。これは晴天時を中心に常にライト側からレフト側へ吹く風のこと。これが右打者の外野フライがスタンドまで届き、左打者によるホームラン性の当たりが押し戻される要因となっています。もうお分かりの方もいらっしゃるでしょうが、レフトが最初からセンター・ライトより深めに位置を取っているのは正に浜風対策なのです。

 ちなみに両ポール際にはさらに複雑な風が吹いているのは知る人ぞ知る事実。昨年・済美vs星稜の延長13回タイブレークで起こった大会史上初の逆転満塁ホームラン(済美矢野 功一郎二塁手<現:環太平洋大1年>)がファウルゾーン上空を舞いながら最後に右翼ポールを直撃したのも、この「浜風のいたずら」が一因にありました。(試合レポートはこちら

 そんな浜風ですが、観る側も利用すれば酷暑でも快適に観戦することができます。事実、外野席の一番上は爽やかな風が吹き抜け、体感気温は実気温よりかなり低いものに、スタンドも鉄格子通じての吹き抜けになっていますので、大阪湾を望む景色も楽しめます。また、ネット裏内野席も記者席の上部にある場所は風の通り道にある快適スポット。試合が遠めになってしまう反面、内外野のフォーメーションも俯瞰できる利点も有しています。

 8月12日(月・祝)の大会7日目で49代表校もでそろい、いよいよ頂点への熱も増していく「第101回全国高等学校野球選手権大会」。観戦されるみなさんも、くれぐれも水分・塩分補給は忘れずに、健康に留意して熱戦を見守って頂けたらと思います。