第32回 ピンチの場面でギアが入ったピッチングに注目!文武両道の超高校級右腕・中森俊介(明石商)2019年08月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

文武両道の超高校級ピッチャーが強敵に挑む!



中森俊介(明石商) ※写真=共同通信社

 明石商の好投手・中森 俊介が3度目の甲子園を迎える。2年生ながら最速149キロの速球、多彩な変化球を投げ込む投球術は高校3年生を含めても突出している。

 兵庫大会決勝戦のピッチングはまさに凄みのあるピッチングだったが、センバツ以降、苦しい期間だった。思うような投球ができず、中森では珍しく四死球を多く出して崩れる場面があった。それでも中森は「日々、腹筋、背筋などの基礎練習があるのですが、それを忘れずに取り組んできました」と語る。

 その積み重ねをした結果、少しずつ調子が上がってきた。兵庫大会決勝戦で1失点完投。この試合については「まだ完全の状態ではないですが、少しずつ自分の投球はできるようになったと思います」と手ごたえを感じていた。

 また中森といえば、ピンチの場面でギアが入り、140キロ後半のストレートを投げ込むが、中森曰く自然とギアが入るようだ。
 「ギアを入れようと意識しているわけではなく、集中したら自然と力が入るようになっているんです」
 捕手・水上 桂は最初からそのボールを投げればいいのにと突っ込みが入ったが、ようはそういう気質なのだろう。

 花咲徳栄は本当に強い相手だと警戒する中森。果たして、この試合では兵庫大会以上のピッチングを見せることはできるか?

【中森俊介の素顔】
 中森について、3年生からは「素直で、記者にどんな先輩と聞かれても、しっかりと先輩を立ててくれる良い後輩です。勉強もできるし、発言もしっかりしているし、まさに優等生ですね」と語る。成績はいつもオール5に近いとか。あまりの優秀な成績ぶりに主将・重宮 涼も「羨ましいですし、あいつ、勉強すれば取れますよというんですけど、取れんわ!と返しました」と笑う。授業中でも寝ないで真面目に取り組んでいて、さらに下宿部屋でも勉強机がある。中森は「見せかけですよ」というが、最近の高校球児は安田 尚憲履正社)、根尾 昂大阪桐蔭)のように学業成績も高く、かつ超高校級の技量を持つ球児も増えてきた。中森は文武両道の超高校級の投手として注目されることになるだろう。

(記事・河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
明石商vs宇部鴻城【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
明石商vs花咲徳栄【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
明石商vs神戸国際大附【兵庫県 2019年夏の大会 第101回選手権兵庫大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム