第31回 3ボールからでも慌てない 甲子園のマウンドには大人になった谷幸之助(関東一)がいた2019年08月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 4年ぶり初戦突破の関東一。昨秋から多くの選手が成長を見せているが、この選手の成長が大きな力となっているだろう。その名は谷 幸之助。最速147キロを誇る速球派右腕の谷は今まで四球から自滅することも多かった。しかしこの夏登場した谷は実に逞しい投手に成長していた。好リリーフした日本文理戦から谷の成長の背景を追っていく。

まずい状況こそ何ができるか考えられるようになった



ガッツポーズする谷幸之助(関東一) 写真:共同通信

 9回表、10対6で関東一のリードで迎えた9回表、日本文理の攻撃で一死満塁のチャンス。カウント3ボール。打者は2打点を記録している南 隼人。マウンドに立っていた谷は「本当にドキドキでした」と苦笑いする。ここから谷は圧巻だった。開き直って140キロ台のストレートを連発し、南は146キロのストレートで空振り三振に打ち取ると、代打・渡辺 智光は右飛に打ち取り、谷は5回1失点4奪三振の好リリーフで勝利に貢献した。

 それにしても3ボールから3球連続のストレートの空振り三振は恐れ入る。プロ野球のクローザーでこんな投球をすれば、痺れるような気持ちにさせられる。あの時、谷はどんなことを考えていたのだろうか。
「やばいと思いました。ここでしっかりと抑えないと良い打者にまわっていくので、しっかりと抑えていかないと思いました。今日、自分のストレートの走りが良かったので、ストレートを低めに思い切って投げることだけを考えました。9回は軽く投げようとしてボールが浮いていたので、しっかりと指先にかけて投げることを意識しました」
 ストレート勝負は捕手の野口 洋介も同じ考えだった。
「相手打者は南君で本当に怖かったんですけど、今日はストレートが一番走っていましたし、それで押し切ったほうが抑えると思いました」
 谷の冷静さがうかがえる場面だったが、これまで四球で自滅することが多かっただけに驚くほど大人になっている。何があったのだろう。

「これまでの自分だったら、自滅していた場面だったと思います。今はピンチになってもじゃあこういうところへ投げよう、こういう考えで投げようということができるのですが、昔はやばい、やばい、なんとかしなきゃと思って置きにいって、ひじが下がって、四球が出るという悪循環に陥っていました。
 3ボールの時こそ腕振ったほうがコントロールが良くなると監督さんからもいわれていましたので、それを意識しました。さらに打者に向かっていく気持ちは大事にしました」

【次のページ】 チームを支えないといけない意識が急成長させた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
関東一vs熊本工【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
関東一vs都立小山台【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
谷 幸之助(関東一) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム