4年ぶり初戦突破の関東一。昨秋から多くの選手が成長を見せているが、この選手の成長が大きな力となっているだろう。その名は谷 幸之助。最速147キロを誇る速球派右腕の谷は今まで四球から自滅することも多かった。しかしこの夏登場した谷は実に逞しい投手に成長していた。好リリーフした日本文理戦から谷の成長の背景を追っていく。

まずい状況こそ何ができるか考えられるようになった


 9回表、10対6で関東一のリードで迎えた9回表、日本文理の攻撃で一死満塁のチャンス。カウント3ボール。打者は2打点を記録している南 隼人。マウンドに立っていた谷は「本当にドキドキでした」と苦笑いする。ここから谷は圧巻だった。開き直って140キロ台のストレートを連発し、南は146キロのストレートで空振り三振に打ち取ると、代打・渡辺 智光は右飛に打ち取り、谷は5回1失点4奪三振の好リリーフで勝利に貢献した。

 それにしても3ボールから3球連続のストレートの空振り三振は恐れ入る。プロ野球のクローザーでこんな投球をすれば、痺れるような気持ちにさせられる。あの時、谷はどんなことを考えていたのだろうか。
「やばいと思いました。ここでしっかりと抑えないと良い打者にまわっていくので、しっかりと抑えていかないと思いました。今日、自分のストレートの走りが良かったので、ストレートを低めに思い切って投げることだけを考えました。9回は軽く投げようとしてボールが浮いていたので、しっかりと指先にかけて投げることを意識しました」
 ストレート勝負は捕手の野口 洋介も同じ考えだった。
「相手打者は南君で本当に怖かったんですけど、今日はストレートが一番走っていましたし、それで押し切ったほうが抑えると思いました」
 谷の冷静さがうかがえる場面だったが、これまで四球で自滅することが多かっただけに驚くほど大人になっている。何があったのだろう。

「これまでの自分だったら、自滅していた場面だったと思います。今はピンチになってもじゃあこういうところへ投げよう、こういう考えで投げようということができるのですが、昔はやばい、やばい、なんとかしなきゃと思って置きにいって、ひじが下がって、四球が出るという悪循環に陥っていました。
 3ボールの時こそ腕振ったほうがコントロールが良くなると監督さんからもいわれていましたので、それを意識しました。さらに打者に向かっていく気持ちは大事にしました」