第30回 「甲子園でプロ入りアピール」はもう遅い?甲子園から消えたスカウト陣2019年08月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第101回全国高等学校野球選手権大会第5日目。早くも49代表校のうち半数以上が登場し、10月17日(木)に開催される「プロ野球ドラフト会議supported byリポビタンD」を迎えるNPBスカウト陣の選手視察も佳境に入ってきたはずなのですが、今年はその状況にいささか変化が起こっているようです。

甲子園から消えたスカウト陣



奥川 恭伸(星稜) 鈴木 寛人(霞ヶ浦) 写真:共同通信
 

 中継を見ても昨年までスカウト陣のいた席には姿がなく、明らかに大柄な男たちで囲まれた席も試合中盤で空席となる場合も。やはり佐々木 朗希大船渡<岩手>3年)、奥川 恭伸星稜<石川>3年)、西 純矢創志学園<岡山>3年)の右3枚、左腕の及川 雅貴横浜<神奈川>3年)の「高校BIG4」のうち、奥川しか甲子園に出場できなかったことが影響しているのでしょうか。ただ、変化の理由はそれだけではないのです。

 7月の地方大会前、各高校の練習試合に顔を出すスカウトからはよくこのような言葉を耳にします。「今日は○○くんの見極めに来たよ」。

 「見極め」とは、球団の指名候補リストに担当スカウトの裁量で掲載するか、掲載しないか。もし掲載する場合は部長クラスの上司を地方大会に呼んで評価してもらう。もし掲載されない場合は……その球団における当該選手指名はほぼ絶たれます。よってこの甲子園時期はすでに高校生の見極め、大学・社会人志望かの進路調査、さらに上司のチェックも終わっている時期。端的に言えば「甲子園でプロ入りをアピールする」ということは現実的にはほぼ無くなっていると言っていいでしょう。

 では、それでも甲子園で「ドラフト指名確実」と言われている以外の選手の動きを追っている大男たちがいたとしたら?それは「隠し玉発掘」のシグナルサイン。もし、甲子園を現地やTVでご覧になる方はネット裏の動きを見てみるのも1つの楽しみ方かもしれません。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第108回 島袋洋奨(興南出身)、今井達也(作新学院出身)などの現在地。過去10年間の甲子園優勝投手の歩み【高校野球コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム