第28回 逆転劇は飯塚 脩人の三者連続三振から始まった。飯塚は習志野の最大の切り札だ2019年08月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 8回裏、沖縄尚学打線を飯塚 脩人は三者連続三振を奪った瞬間。習志野アルプスは一気に沸いた。この瞬間、リードする兼子 将太朗も、センターの根本 翔吾も「非常に勇気づけられました」と口をそろえる。習志野の逆転劇は飯塚の三振劇から始まった。

センバツよりも明らかにレベルアップしたピッチング



飯塚 脩人(習志野) 写真:共同通信

 飯塚のピッチングはセンバツよりも明らかにレベルアップしていた。常時140キロ〜148キロのストレートは伸びがあり、空振りを奪える。飯塚、兼子のバッテリーがともに良かったと振り返る120キロ中盤のスライダーで空振りを奪い、頻度は少ないが、130キロ前半のフォークを織り交ぜ、4回8奪三振のピッチングを披露した。

 飯塚は「今回、好投できたのは木更津総合戦の逆転勝ちにあったように、今年のチームは本当に粘り強いので、そういう期待をもったから気持ちを入れて投げることができたと思います」
 また正捕手・兼子の声掛けも大きかった。
「飯塚には、お前が頑張れば、みんな粘り強さを発揮するぞと、一気に気合いが入ったんですよね。さすがです」
 一言でエースの気持ちを燃えさせる兼子も素晴らしいアシストだった。

 沖縄尚学戦では山内-飯塚のリレー。まるでセンバツを思い出すような継投策。小林監督はゲームメイク能力の高さを評価して、山内を先発させて、飯塚はリリーフとして待機した。この投球を見ると、やはりリリーフとしての適性を実感する。捕手・兼子も
「先発でもだいぶ試合が作れるようになりましたが、どちらかというとリリーフ向きなのかなと思います」

 4回8奪三振の快投を見せた飯塚だが、「ストレートに関してはそれほど良くなかったです。逆に変化球が良かったから抑えられたと思います」というが、調子が良くなくて、センバツよりも速い140キロ中盤〜148キロを何度もたたきだしているのだから、パワーアップしている証拠である。

 緻密な駆け引きで試合を制した習志野。その中で飯塚 脩人という存在は今年の習志野で絶対的に欠かせない切り札である。

(記事・河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第12回 2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?【沖縄の高校野球】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs拓大紅陵【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
習志野vs木更津総合【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
習志野 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム