• トップ
  • コラム
  • 101回大会特集
  • 高校野球ファンをくぎ付けにした松浦佑星(富島)の計算尽くしの守備と偶然が重なったホームスチール

第26回 高校野球ファンをくぎ付けにした松浦佑星(富島)の計算尽くしの守備と偶然が重なったホームスチール2019年08月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 宮崎県内では評判だった松浦 佑星(富島)が全国の舞台で躍動した4打数2安打1得点。そして4度の守備機会はすべて軽快に処理。ホームスチールを決めたり、最終打席では左中間を破る三塁打と甲子園のファンをくぎ付けにした。

試合レポートはこちらから
全国レベルの好投手同士の対決は敦賀気比の笠島尚樹が制する!

足で魅了した松浦佑星



松浦佑星(富島) ※共同通信
 

 まさに心が動かされるようなパフォーマンスだった。
 まず見せ場を作ったのは守備。まず9番・笠島 尚樹が放ったセンターよりのゴロ。セカンドが取りそうなゴロだったが、松浦はかっさらうように捕球し、そのままワンステップスローでアウト。1番・大島 正樹が放った三遊間よりの打球にも追いつき、ダイレクトスローで二死。そして2番・中川 宙が放った勢いが弱い打球も追いついてからランニングスローとリズミカルな動きを見せた。

 「スピード、守備範囲、肩はどれも自信がありますが、その中で一番自信あるのが守備範囲です」
 そのために意識しているのは一歩目の意識、
 「やはり一歩目の意識が大事で、バウンドの合わせ方やスピード良く動くために日々のノックを繰り返し行ってきました。インパクトが当たる瞬間に合わせて動くことを意識しています」

 送球も力強い。遠投110メートルの強肩を生かし、踏ん張ってもダイレクトスローができる身体能力の高さは魅力だ。守備がうまいだけではなく、ほかの内野陣、投手に声をかけてケアをすることを忘れなかった。その点について松浦は「投手に声をかけることは意識していたことなので、それができてよかったです」
 また、9回表には二塁走者を牽制でアウトにした。これも走者に隙があるとみて、牽制のサインを送り狙い通りのアウトを決めた。この日の松浦の守備は冴えに冴えわたっていた。

 

 そして打者としても4回表、第2打席で一塁内野安打を放ち、塁間4.00秒を計測。さらに敦賀気比のエース・笠島尚樹のモーションを盗んで、二盗に成功。さらに二死一、三塁の場面で、富島はダブルスチールのサイン。一塁走者は走り、三塁走者の松浦は「送球を見て走る」指示だった。

 ただ、敦賀気比はそれを読んでいて、三塁へ送球し、三塁走者の松浦を挟む。松浦も「まずいと思いました」とアウトにならまいと逃げる。ただピンチをチャンスに転じる。捕手が松浦を詰めようとしていたのだ。捕手は当然の動きをしたが、「逆にそれが大きかったです」と詰め寄る捕手の横をすり抜け、ヘッドスライディングで本塁に生還したのだ。

 しかし三塁手が送球した瞬間に松浦は挟もうとした捕手をかいくぐるように走り、ホームスチールに成功。足で1点をもぎとったのであった。
 そして最後の打席は三塁打を放ち、主将としてチャンスを広げたものの、一歩及ばず松浦の夏は終わった。松浦は一時、怪我で離脱している期間があった。
「自分はケガで離れている中、チームメイトがみんな成長してくれて、甲子園の舞台を立たせてくれたことに感謝しています」とチームメイトへ感謝の思いを述べた。勝利ができなかったことは悔やんでいた松浦だったが、自分のパフォーマンスを最後まで表現できたことにやり切った表情を見せていた。

 今後は大学進学をして、野球を継続する予定だ。甲子園の舞台で一躍、名前を挙げた松浦。身体能力の高さに加え、相手を観察して動けるクレバーさもあり、大舞台でも冷静にプレーができるメンタルの強さもある。さらに脚光を浴びる可能性を持ったショートストップであることは間違いない。

(記事・河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第14回 アメリカと日本の高校球児の違いは?横浜隼人に密着したニューヨーク在住の映像監督に聞く【世界の高校野球】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第108回 島袋洋奨(興南出身)、今井達也(作新学院出身)などの現在地。過去10年間の甲子園優勝投手の歩み【高校野球コラム】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
敦賀気比vs富島【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
星稜vs富島【第90回記念選抜高等学校野球大会】
聖心ウルスラvs富島【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
富島vs高鍋農【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎大宮vs富島【宮崎県 2016年夏の大会 第98回選手権宮崎大会】
富島 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム