好投手・西 純矢がいる創志学園が優勝候補と目された岡山大会を制したのは、岡山学芸館だった。昨秋はベスト8に入ったものの、春は初戦のおかやま山陽に敗れた。ノーシード、しかも大会初日の開幕戦からの頂点に立った岡山学芸館の選手たちの声を聞いてみた。

春のリベンジから勢いづき、4年ぶりの優勝を掴んだ


 「優勝した瞬間は実感がなかったです。ですが、終わって周りの人から“おめでとう”とか“頑張って”と声をかけてもらって実感が沸いてきました」

 そう語るのは決勝戦では1番・右翼手として出場した岡山学芸館好田 凌主将だ。その好田主将に決勝戦の倉敷商の試合を振り返ってもらうと、「ピンチが多かったですが、チーム全員で春の大会終わってからテーマにしてきた“笑顔”をやり切れたので、乗り越えられたと思います」と自分たちらしさを貫けたことが勝因だと話してくれた。

 今大会ノーシードから6試合を戦い抜いて優勝した岡山学芸館。そのなかでも重要となった一戦を好田主将に聞くと、開幕戦となったおかやま山陽戦を挙げた。

 そのおかやま山陽戦に特別な思いをもって戦っていたのがエース・中川 響だ。「春は自分のせいで負けました」と振り返る中川投手は「仲間や監督から精神面を指摘されてから自覚して、練習試合から終盤で登板したりして強気な投球を心がけていたので、鍛えられました」と春からメンタル強化の成果が夏に花開いたことを語った。

 その中川投手について「春は気持ちが良かったのですが、夏にかけて強くなっていました」と好田主将が語れば、「後ろに中川が控えていると安心です」と3番の知念 大輔が語るほどの信頼感を勝ち取り、中川は優勝の瞬間をマウンドで迎えることができた。中川は1年生の仲村竜投手と切磋琢磨しながらここまできたが、野手の支えも心強い。

 「知念、長船 滉大丹羽 淳平のクリーンナップ3人は勝負強いので、信頼をしています」と期待を寄せている。好田主将も、「3人は欠かせない存在です」と話す。