25日、佐々木 朗希擁する大船渡は岩手大会決勝戦で花巻東に敗れ、甲子園に出場することなく、最後の夏を終えることとなった。
 試合後、佐々木 朗希が発した言葉とは。

大船渡を選んでよかった



佐々木朗希(大船渡)

 負けてしまいましたが、みんな頑張ってくれたと思います。高校野球をやっている以上、試合に出たい思い 投げたい気持ちはもちろんありました。それでも監督の判断なので。

 大会が終わってみて、悔しいこと、嬉しいこともいろいろありましたが、この仲間たちがいたからこそ乗り越えたことも多くあり、大船渡を選んでよかったと思います。

 自分がここまでできるようになったのは周りの方々の支えがありました。それを優勝という形で恩返しができればと思ったのですが、それができなく残念です。

 

 自分1人では、何もできないので、一緒に頑張る仲間がいてとても感謝しています。

 チームメイトに対して感謝の思いを述べた佐々木 朗希だが、多くの選手に慕われていた。佐々木と中学時代のチームメイトで投手の和田吟太はこう語る。
 「朗希がいたからこそここまでこれましたし、勝てるかもしれないという思いが、大きなモチベーションとなりました。成長につながったと思います。

 投手の僕は朗希からいろいろアドバイスをいただき、成長することができました。またチームでミーティングするとき、朗希は積極的に言葉を発する選手で、視野が広い選手だと思います。試合中もずっと声を出してチームを引っ張ってくれる選手です。

 またあれほどの選手なのですが、とても偉ぶる様子はありません。その選手の力量を測ったうえでのアドバイスもできる選手でした。だからこそこういう形で終わることになってしまって残念です」
 また2番手として出てきた前川眞斗は試合中、佐々木がチームメイトに激励している姿を見てきた。
「佐々木さんがいうんです、諦めているじゃないんだろうなと。だから勝たせることができなくて申し訳ないです…」と肩を落とす。

 

 チームのために行動ができる佐々木のエピソードを聞くと、「大船渡にきてよかった」という言葉は本意だということが理解できる。一度も甲子園に出場はできなかった。ただ、佐々木とチームメイトが歩んできた時間はかけがえのない財産となっていた。

(文=河嶋 宗一

関連記事はこちらから
理性的な判断と管理があったからこそ佐々木朗希は飛躍した
【逸材レポート】佐々木朗希(大船渡)平均球速が初戦から5キロアップ!ノーヒットノーランのピッチングを徹底分析!
最速155キロ!底が見えぬ佐々木朗希が圧巻投球でノーノー達成!
【BIG5特集】佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ
2019年のドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)投手へ 今年お願いしたいこと
花巻東、盛岡大附の2大勢力がリードか?佐々木朗希擁する大船渡にも注目!【岩手大会展望】【逸材レポート】佐々木朗希の初戦ピッチングを球種別に徹底分析!