第5回 「大船渡を選んでよかった」佐々木朗希、高校野球最後の日に語った言葉2019年07月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 25日、佐々木 朗希擁する大船渡は岩手大会決勝戦で花巻東に敗れ、甲子園に出場することなく、最後の夏を終えることとなった。
 試合後、佐々木 朗希が発した言葉とは。

大船渡を選んでよかった



佐々木朗希(大船渡)

 負けてしまいましたが、みんな頑張ってくれたと思います。高校野球をやっている以上、試合に出たい思い 投げたい気持ちはもちろんありました。それでも監督の判断なので。

 大会が終わってみて、悔しいこと、嬉しいこともいろいろありましたが、この仲間たちがいたからこそ乗り越えたことも多くあり、大船渡を選んでよかったと思います。

 自分がここまでできるようになったのは周りの方々の支えがありました。それを優勝という形で恩返しができればと思ったのですが、それができなく残念です。

 

 自分1人では、何もできないので、一緒に頑張る仲間がいてとても感謝しています。

 チームメイトに対して感謝の思いを述べた佐々木 朗希だが、多くの選手に慕われていた。佐々木と中学時代のチームメイトで投手の和田吟太はこう語る。
 「朗希がいたからこそここまでこれましたし、勝てるかもしれないという思いが、大きなモチベーションとなりました。成長につながったと思います。

 投手の僕は朗希からいろいろアドバイスをいただき、成長することができました。またチームでミーティングするとき、朗希は積極的に言葉を発する選手で、視野が広い選手だと思います。試合中もずっと声を出してチームを引っ張ってくれる選手です。

 またあれほどの選手なのですが、とても偉ぶる様子はありません。その選手の力量を測ったうえでのアドバイスもできる選手でした。だからこそこういう形で終わることになってしまって残念です」
 また2番手として出てきた前川眞斗は試合中、佐々木がチームメイトに激励している姿を見てきた。
「佐々木さんがいうんです、諦めているじゃないんだろうなと。だから勝たせることができなくて申し訳ないです…」と肩を落とす。

 

 チームのために行動ができる佐々木のエピソードを聞くと、「大船渡にきてよかった」という言葉は本意だということが理解できる。一度も甲子園に出場はできなかった。ただ、佐々木とチームメイトが歩んできた時間はかけがえのない財産となっていた。

(文=河嶋 宗一

関連記事はこちらから
理性的な判断と管理があったからこそ佐々木朗希は飛躍した
【逸材レポート】佐々木朗希(大船渡)平均球速が初戦から5キロアップ!ノーヒットノーランのピッチングを徹底分析!
最速155キロ!底が見えぬ佐々木朗希が圧巻投球でノーノー達成!
【BIG5特集】佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ
2019年のドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)投手へ 今年お願いしたいこと
花巻東、盛岡大附の2大勢力がリードか?佐々木朗希擁する大船渡にも注目!【岩手大会展望】【逸材レポート】佐々木朗希の初戦ピッチングを球種別に徹底分析!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第24回 U-18代表、2020年ドラフト注目選手が上位独占!2019年人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
東日本国際大昌平vs大船渡東【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
盛岡大付vs大船渡東【岩手県 2011年夏の大会 第93回岩手大会】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
大船渡 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム