第1回 センバツの輝きを取り戻せなかった東邦・石川昂弥 不完全燃焼に終わったラストサマー2019年07月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

なんだかんだエースで4番の石川昂弥にかけた東邦



石川昂弥(東邦)※写真は共同通信

 13日、センバツ王者の東邦がコールド負けを喫した。

 星城豊田西を甲子園に導くほどの強豪に育てた平林監督が率いる強豪で、近年は私学3強の壁に阻まれてはいるが、今年は146キロ右腕・石黒 佑弥を擁し、戦力は十分。東邦に勝利していてもおかしくはないが、それでもコールド負けは衝撃的な結果である。

 10失点のうち9失点したのがエースで4番の石川 昂弥だった。センバツ後、石川以外の投手陣の底上げをして、石川は野手専念となった。だが、春季県大会では初戦敗退。夏まで石川は投手としての調整を進めていた。

 夏までのチーム作りをする中で、順調に成長を見せていたのが左腕・植田 結喜だった。練習試合では連日の好投。強豪校相手にも完投勝利を挙げ、大会前、森田監督は「植田は良いですよ。夏は期待できますよ」と評価していたほどだ。実際に1回戦の天白戦では、植田が5回無失点の好投を見せている。

 一方、頼みの石川だが、投打ともに一進一退の状態が続いた。投手としては打たれることも多く、突如、完封した試合もあれば、それが続かず不安定な投球が続いたり、打者としても無安打の試合も多く、ある日、豪快なホームランを打ったかと思えば、思うような結果を残せない日も。悩む投打の柱に森田監督は復活を気長に待っていた。
「投手としては一番良かったのは、東海大会決勝戦の津田学園戦の2失点完投勝利。石川自身もあの日の感覚に近づけようと投球練習を行っています。打撃についても感覚でプレーする選手なので、これだ!と本人が気づきを得ながら、やっています。打撃については、だいぶ不調の状態が続いていましたが、打って活躍した試合から、少しずつ打球の質もよくなっていますので、やってくれると思います」

 その言葉通り、6月17日の練習試合では高校通算53号を放ち、そして7月6日の天白戦でも右中間へ本塁打を放ち、打撃の状態が上がっていたのだ。

 しかし投手としては本調子ではなかった。星城戦では3本塁打を浴び、9失点を喫した。石川はセンバツでは活躍したものの、奥川 恭伸佐々木 朗希のような高校生を完全に封じ込む圧倒的な力量を持った投手ではない。ステップ幅が狭く、外旋気味の腕の振りをした投球フォームは、いわゆる「野手投げ」。それでもセンバツで活躍できたのは、140キロ前後の速球、切れの良いスライダーを内外角へコントロールされたボールを投げ続けることができたからだ。これまで野手投げのフォームで、精密なコントロールを持った投手はあまり見たことがない。

 そんな石川について、チームメイトは口をそろえて、「野手投げであれほどコントロールできるのは本当に凄い。まさに天才です」と語る。しかしその感覚が狂い、コントロールが甘くなれば、強打のチームにとっては怖い投手ではない。

 それに備えて投手づくりはしていたが、終盤まで石川を変えなかった。

 エースの不調に対し、打線はカバーができなかった。最後の10点目も判断ミスでの失点だった。石川にとっては不完全燃焼に終わった結果となった。

 今年の東邦は勢いに乗ったときは手が付けられない。だが連覇するチームは苦しい時期がつきもの。去年の大阪桐蔭も6月までは負け試合もあり、苦しい時期があった。その壁を乗り越えて、真の強いチームとなった。

 東邦はセンバツ後の県大会で初戦敗退。この時、石川以外の投手が打たれ、打線も不発だった。春の県大会を終えて、うまくいかない時でも逆転勝ちができる試合運びを見せることが、夏までの課題だった。

 その解決法をチームも、石川自身も最後まで見つけられず、連覇を狙った東邦の夏は終わりを告げた。

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会愛知大会
■開催期間:2019年6月29~7月28日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会愛知大会】
■展望コラム【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!】
東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍!
東邦の課題は石川以外の投手陣の台頭!潜在能力の高い逸材が揃った東邦投手陣!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
第222回 2019年 石川昂弥や黒川史陽など地方大会でキラリと光ったドラフト候補の野手たち【ドラフト特集コラム】
第1023回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1010回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第956回 「野球を愛する純粋な高校生」目指すは見るものをワクワクさせる野球選手 山田紘太郎(西尾東)【後編】 【2019年インタビュー】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
第940回 ライバルと先輩から刺激を受け続けた野球人生 小山 翔暉(東海大菅生)【前編】 【2019年インタビュー】
東邦vs習志野 2【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs習志野【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs明石商【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
東邦vs広陵 2【第91回選抜高等学校野球大会】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム