目次

【目次】 【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]目的を持ち更なる成長を誓う!
[2]プロ入りを目指す江川!大分高校の強さの源

 3年生座談会の最終回も、エース・長尾 凌我、プロ注目の捕手・江川 侑斗、大型二塁手・足立 駿(すぐる)、三塁手・飯塚 和茂、中堅・小手川 巧5名に引き続き話してもらった。 大分を引っ張った5名は、今後の目標についてどう考えているのだろう?

これまでの連載!
選抜出場校大分、夏の敗戦に何を感じたのか?【前編】
ライバルがいたからこそ成長できた!中高一貫の強みを活かす大分(大分)【中編】

<メンバー>
長尾 凌我(3年) 投手
江川 侑斗(3年) 捕手
足立 駿(3年) 二塁手
飯塚 和茂(3年) 三塁手
小手川 巧(3年) 外野手

目的を持ち更なる成長を誓う!


小手川巧: 上のレベルでやるためにも、もっとポジショニングがうまい外野手になりたいです。夏の大会の時に最後7点目、3番バッターにセンターオーバーを打たれたんですけども、あの時に1点もあげたくなかったというのは分かるけど、3番バッターは大会中すごく良くて本塁打も打っていたし、前の試合も見ていて振りも鋭く、1点もあげたくない気持ちから少し前目を守っていたんですけども、もう少し後ろでもよかったという気持ちもあったんです。その場その場に応じたポジショニングというのをもっとしっかり考えてやっていかないといかないと思います。

 自分元ピッチャーをしていて長打になるという打球をフライで撮ってくれたら時はすごい乗れるし、バッターでこれ長打と思ったフライを取られた時はすごく落ち込むし、ヒットだったのがアウトになって調子悪いのかなという感じに持って行けたりもすると思うんで、もっとポジショニングがちゃんとできる外野手になりたいです 。

長尾凌我: 自分はさっきも言ったんですけど、やっぱり球が速いわけでもないですし、でも球が速くないからと言って負けたくないという気持ちでずっとやってきました。夏は負けましたが、実際に選抜に行って勝ったし、球が速くない中でそこまで勝てたというのは、少しは自信になりました。やっぱりそういうところで、150km 投げるピッチャーがすごく、いつも勝てるわけじゃないというところを、もっと自分がそれなりに磨きをかけていけば勝てるというところを...

 もちろん大学に入って、スピードが早くなるのは良いいんですけども、そうじゃなくても、他の所も意識して勝てるピッチャーになりたいです。

 何よりも(江川)侑斗ずっとキャッチャーで小中高とこいつにしか投げてきたことがないので、そこから離れるということは、自分にとってもひとつの自立じゃないですけど、親離れと言うか、そういう一人になるというところでどんだけできるかなというのは、不安でもあり、一つに自分としてのチャレンジでもあり、そこはやっぱり(江川)侑斗とやってきた中でいろんなことを学べたので、 そこを生かしてさらに自分なりに 精一杯成長してすごい球を持ってるピッチャーが必ずしも勝つということじゃないことを自分の中で追求してそういうふうなピッチャーに勝てるピッチャーが一番すごいピッチャーだというところを追い求めてやっていきたいです。