目次

【目次】 【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]夏の大会は何を感じたのか?
[2]後輩に伝えたい一言
[3]だからこそ、僕らは更に成長する!

 選抜に出場し1勝を上げた大分。もちろん夏はそれ以上の成績を目指していたはずだ。だが大分は初戦で表舞台から去った。今選手たちは、夏を終え、すでに新しい目標に向けて歩み始めている。大分の3年生達は何を思い、そしてどのような気持ちで次への飛躍を考えているのか?大分の3年生5名の座談会を通して、彼らが試合中に何を感じていたのかを紐解きたい。エース・長尾 凌我、プロ注目の捕手・江川 侑斗、大型二塁手・足立 駿(すぐる)、三塁手・飯塚 和茂、中堅・小手川 巧は、何を考えているのだろうか。

<メンバー>
長尾 凌我(3年) 投手
江川 侑斗(3年) 捕手
足立 駿(3年) 二塁手
飯塚 和茂(3年) 三塁手
小手川 巧(3年) 外野手

夏の大会は何を感じたのか?


――最後の夏の大会についてどう感じましたか?

飯塚和茂: 負けた時は正直何も考えられなかったと言うか考える気になれなかった。監督のミーティングを聞いている時に終わったんだなという実感が湧きました。

江川侑斗: 先発の 飯倉(優侃)は毎回ランナーを出しながらだったんですけども、ホームラン1本に押さえて、なんとか1点に押さえていた。打撃も最初は打てない中良い形で逆転して、継投できたというのは内容的には完璧だったけども、その中で次の1点が取れなかったというのが試合の波に乗れなかったと言うか、流れでを持ってこれなかった。

足立駿: もともとゆるい左ピッチャーというのがチームの課題として苦手というのがあって、でもどっかしらチーム全体として過信したのか分かんないですけども油断というのは実際あったと思うので、そこが打てなかった原因にもなるのかなと思います。

 九州大会もだいぶ打って勝って、それ以降の練習試合もバンバン・ホームランを打つ人は打って、打撃にみんな自信がついてると思うんですけども、でもいざ課題のゆるい左のピッチャーに当たったにも関わらず「俺らは打てる」そういう雰囲気がありました。

 8回の一気に5点取られた時は少しまずいなと思いました。



左から江川侑斗、長尾凌我、小手川巧

長尾凌我: 6回からマウンドに上がってたんですけどもその時からボールがコントロールできてなくて 、初回の入った先頭バッターにも3ボールになって、簡単にはフォアボールは出さなかったんですけども 結局レフト前に打たれて、その時点で自分の中ではおかしいなというのがあって、その回は抑えたんですけども、7回に同点に追いつかれて。

 その時点でちょっと焦りがあって、次の7回の裏の攻撃も、うまくいかず追いつかれた後に、取られたら取り返すのがうち(大分)の勝ちパターンでもあり、そういう風な流れじゃなく我慢な展開になってしまった時に、自分らしい球を投げれず、流れを止められず。

 自分はマウンドに上がった時から、違和感とういのは感じていました。

江川侑斗: 球が行かないじゃなくて、逆に指にかかりすぎて、調子も良かったぶん、その分球が上ずって、投球練習の時からこれはちょっと高いなというのは感じていました。

小手川巧: 今まで一巡するまでランナーが出ないという試合はなかったのですよ。夏の大会は、一巡ギリギリでヒットが出て。まず2回までにヒットは必ず出るという感じだったのが、全然出なくて、アウトのなり方も、自分のバッティングを主張しすぎて、チームの打撃じゃなくて、自分自分がというバッティングになっていた。最後の大会という力みもあるし、さっき(足立)駿が言ったように、いつか打てるだろうという、過信もあったとのかなぁと思います。

――小手川くんがいっていたような最後の大会という力みはあったの?

江川侑斗: 他の公式戦とは変わらなかったです。自分はなかったですね。