第68回 創部2年目の新勢力が富山に現る!通信制高校・未来富山(富山)2019年07月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]唯一の3年生とチームを支える下級生
[2]チームの主力選手が語る夏への意気込み/「攻める野球」で夏を戦い抜く!

唯一の3年生とチームを支える下級生



未来富山 野球部の集合写真

■2018年4月に開校した通信制高校

 正式名称は「未来富山」。2018年4月に開校したばかりの通信制高校である。

 通信制高校の最大の良さといえば、時間的な自由度があること。近年、自分に合った学習スタイルを希望する高校生が多くなってきている事から、ニーズに応えて、開校されたのが未来富山なのである。

■未来富山野球部の紹介

 創部したばかりの未来富山野球部は3年生1名、2年生15名、1年生16名の32名で活動中。

 今春の富山県大会では準々決勝で砺波工に2対1で破れたものの、ベスト8入りを果たすなど新たな勢力となっている。しかし、通信制高校という事もあり学校にグラウンドがないため、練習場所として公共の球場を使用。球場まではバス移動の為、時間を無駄にしない様に選手間でミーティングを行うなどの工夫を凝らしている。

 今年のチームのウリは唯一の3年生・早瀬 翔馬選手を中心とした投手陣、守備でボールに対して攻める姿勢、徹底したフルスイング。主将は1年生の荻原 伶委選手が務めている。

■創部2年目でシード権を獲得!

 新チームは「全力プレー」を全ての基本としてスタート。日々1000スイングのきつい練習にも取り組んでいる。

 「甲子園出場」をチームの目標に、オフシーズンには全国レベルの選手との差を数値で出し(体重・スイングスピード・筋力・脚力)、その差を少しでも埋められるようにトレーニングに取り組んできたという。

 今春の富山県大会初では、シード校高朋高校と対戦。昨秋の新チーム結成時のブロック大会では1安打しか打てずにコールド負けを喫したが、上級生はオフシーズンに取り組んできた事、公式戦デビューの1年生が力を発揮し8対3と見事勝利を収めた。未来富山野球部はベスト8入りを果たし、わずか創部2年目で夏のシード権を獲得したのであった。

■チームの主力選手と夏への意気込み

 萩原主将が、この1年間チームで活躍してきた選手として名前を挙げたのが、津田 温哉選手、深澤 悠真選手の2人。
 津田選手は捕手として相手バッターを翻弄するリード、深澤選手はチャンスに強いバッティングを見せ、この1年チームをプレーで引っ張ってきたという。

 夏の大会では、唯一の3年生・早瀬 翔馬選手の活躍に期待したい。
 また、照井 翔太選手のバッティングの飛距離はチームNo.1で、萩原主将も、ここ一番という瞬間にホームランを打ってくれることに期待していると話した。

 「この夏は、唯一の3年生である早瀬さんに良い結果を見せてあげられるようにしたいです!」と夏に向けての熱い目標も語ってくれた。

【次のページ】 チームの主力選手が語る夏への意気込み/「攻める野球」で夏を戦い抜く!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
星稜vs砺波工 2【2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs砺波工【2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
第62回 富山と高岡の商業校対決の構図は続くが、私学の第一対決の新構図も【富山・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第111回 高朋高等学校(富山)【僕らの熱い夏2017】
中越vs砺波工【2017年春の大会 第136回北信越地区高等学校野球大会】
第374回 富山第一、高岡商の二強を追う学校は?今年も実力伯仲!【富山大会抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第9回 富山と高岡の商業校対決の構図に、私学の第一対決の新構図(富山県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
報徳学園(兵庫)vs砺波工(富山)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】
砺波工vs富山第一【富山県 2010年夏の大会 第92回富山大会】
高朋 【高校別データ】
砺波工 【高校別データ】
未来富山 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム