第64回 浦和麗明(埼玉)「全力と挑戦!物事の明確化で夏初勝利を狙う!」2019年07月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]一からのスタートを切った浦和麗明野球部
[2]挑戦者として夏の1勝を掴むことを目指す!
[3]チームのキーマンが現在の課題と抱負/熱い眼差しを目に焼き付けろ

チームのキーマンが現在の課題と抱負



左:吉澤晴也 右:飯塚 晴哉

ここからは副主将でセカンドを守る飯塚 晴哉選手とキャッチャーの吉澤 晴也選手2人に話を伺いました。

Q.夏へ向けて見つかった課題を教えてください

飯塚: 相手の勢いを止める力や細かい所の正確性が課題です。
吉澤:捕手として観察力や野球脳をもっと磨くのが課題です。

Q.ここまで振り返って、高校野球で一番の思い出を教えてください

飯塚:県大会出場を決めた戦です。勝利が決まった瞬間は今までで一番うれしかったです。
吉澤:春の地区予選の浦和商で初本塁打を放ったことです。チームとしても、公式戦初勝利だったので貢献出来て良かったです。

Q.応援する方々へ自分のここを見てほしい、というアピールポイントを教えてください!

飯塚:最後までボールを全力で追いかける姿とみんなを盛り上げる声です!
吉澤:流れを変えるフルスイングを見てほしいです!

Q.このチームの好きなところは、または他のチームに負けていないところはどんなところですか?

飯塚:仲の良さ、雰囲気の良さです。
吉澤:元気がある所です!

Q.この夏に向けた熱い意気込みをお願いします!

飯塚:目の前の試合に全員が全力を注ぎ、持ち前の明るさで初めての夏を全力で頑張りたいです。
吉澤:挑戦という気持ちを忘れずに頑張りたいです!

飯塚選手、吉澤選手ありがとうございました!

熱い眼差しを目に焼き付けろ


ここから浦和麗明の佐藤隼人監督に話を伺います。

Q. 今年のチームは結成時から夏に向けてどんなチームを目指しましたか

 「全力と挑戦」というテーマを持ちながら、大きなテーマとして「家族」を掲げてチーム作りに、取り組み始めました。全員が「家族」という意識があれば仲間を傷付けるようなことはないと思っています。

 捕手出身からすると、やはりバッテリーが中心のチームにならないと勝てないと感じています。ですので、麻生と澤野の2枚看板を、捕手の吉澤が引っ張ってもらい夏は戦いたいです。

Q. 最後の夏に燃える3年生や部員たち皆様へのメッセージをお願いします

 ウチは3年生が居なく、1・2年生の非常に若いチームになります。初めての夏、球場の声援や対戦相手に居る3年生の「熱い眼差し」を目に焼き付けてほしいです。そして、来年の自分を想像しながら全力でプレーしよう!!

 佐藤監督、そして浦和麗明野球部の皆さん、ありがとうございました!

このページのトップへ

今年も大好評!【僕らの熱い夏 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第74回 川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」【僕らの熱い夏2019】
第73回 倉敷工(岡山)「全員で令和初の日本一を取りにいく!今、新しい歴史への挑戦が始まる」【僕らの熱い夏2019】
第70回 都立小松川(東京)「ボトムアップ方式で主体性を強化!夏は『番狂わせ』を起こしたい」【僕らの熱い夏2019】
第69回 日大二(西東京)「目指すのは日本一”熱い”夏!」【僕らの熱い夏2019】
第67回 高鍋(宮崎)「走攻守すべてで攻める夏にして、決めるぞ甲子園!」【僕らの熱い夏2019】
所沢商vs浦和麗明【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和麗明vs蕨【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
浦和麗明 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム