第70回 都立小松川(東京)「ボトムアップ方式で主体性を強化!夏は『番狂わせ』を起こしたい」2019年07月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]春季東京都大会でベスト16で夏のシード権を獲得
[2]「小松川旋風」を巻き起こしたい/ボトムアップ方式を取り入れて選手が主体的に

春季東京都大会でベスト16で夏のシード権を獲得



都立小松川(東京)の集合写真

■この夏は同校初のシード権を獲得

 春季東京都大会でベスト16に進出し、同校初の夏のシード権を獲得した都立小松川。チームは現在、3年生10名、2年生8名、1年生5名の計23名で活動しており、グランドはレフト側のスペースが手狭であるが、ゴロ打ちやバントなどの実践練習を多く取り入れて工夫した練習を行っている。

■自主練習を重視し、それぞれの課題を克服する

 そんな都立小松川野球部の今年のチームのウリは、「お互いを褒め合える、先輩後輩の関係であっても指導者に対しても思ったことを伝えられる、どんな状況でも楽しんで野球が出来る」の3つだ。練習では自主練習が非常に重要視されており、選手それぞれが常に自分に足りていないところを徹底的に練習している。

■「ボトムアップ」のチームへ

 新チームがスタートした際は、「どうしたら野球を楽しめるか」をチームで考えた結果、自分たちで主体的に取り組む「ボトムアップ」のチームのスタイルで戦っていくことを決意した。
 またオフシーズンのトレーニングでは数値目標を設定して、笑顔を絶やさぬようにトレーニングを重ねてきた。こうした取り組みが、春のベスト16へと繋がっていったのだ。

■課題と目標が生まれた日大三戦

 だがそんな中で、春季大会では非常に印象に残る負けも経験した。昨夏の第100回選手権大会ベスト4の日大三との対戦だ。4回戦まで勝ち進んで都立小松川だったが、5回まで互角の戦いをみせるものの、後半にスタミナが切れて一気に大量失点。悔しさを経験すると共に、夏への目標も出来た。
 春季大会での敗戦を踏まえて、現在は打撃力を上げて打ち勝つ野球を目指して野球に取り組んでいる。

■この夏の注目選手!

 ここからはチームの主力選手を紹介していく。ここまで活躍を見せた選手として名前が挙がったのが、水野凛叶、大関零、松村元紀、森瀬勇希、武者智英の5人だ。
 まず水野は出塁や打点のにおいてチームに貢献し、大関は堅守と長打が持ち味の選手だ。また松村は投手としてチームを牽引して俊足も併せ持ち、森瀬は本塁打を打てる打撃が魅力だ。リーダーシップが持ち味である武者は、ここまでチームの精神的な支柱となっており、夏も彼らの活躍に期待が懸かる。

関連記事はこちらから!
都立小松川の戦歴をチェック!!
第101回選手権東東京大会の組み合わせをチェック!
春季大会4回戦をレポート!日大三と都立小松川が激突!

【次のページ】 「小松川旋風」を巻き起こしたい/ボトムアップ方式を取り入れて選手が主体的に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
第948回 【東東京大会総括】役者の揃っていた関東一が3年ぶりの甲子園へ!都立校や好投手の出現も際立った【大会展望・総括コラム】
桜美林vs日大三【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
日大鶴ヶ丘vs東海大菅生【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
日大三vs都立立川【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
桜美林vs都立保谷【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
日大三vs聖徳学園【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第74回 川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」【僕らの熱い夏2019】
第73回 倉敷工(岡山)「全員で令和初の日本一を取りにいく!今、新しい歴史への挑戦が始まる」【僕らの熱い夏2019】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
都立小松川 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム