第39回 星城(愛知)「部員の夢であり父母やOBの夢、そして監督の夢である甲子園へ」2019年06月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]コールド負けの悔しさをバネに夏に臨む
[2]甲子園で平林先生を胴上げできる夏に/全力で「夢・甲子園」を目指す!

コールド負けの悔しさをバネに夏に臨む



星城の集合写真

■バレーボール部が全国レベル!

 愛知県豊明市に校舎を構える星城。部活動が盛んな学校であり、中でも男子バレーボール部は全国大会でのタイトルは計8回を数え、全国屈指の強豪校として君臨している。また、女子バスケットボール部も愛知県を代表する名門であり、全国大会でベスト8に進出した実績を持っている。

■「勢い、チーム力、打撃」がチームのセールスポイント

 野球部はこれまで、ロッテや阪神で活躍した鮎川義文氏がプロ野球の世界へと進んだ実績があり、現在は3年生36名、2年生30名、1年生31名の合計97名で活動している。チーム目標は「甲子園で勝利を挙げる」ことであり、「勢い、チーム力、打撃」の3つのセールスポイントを武器に、チームの目標達成に向けて日々練習に励んでいる。

■春のコールド負けでもう一度基本に立ち返る!

 そんな星城野球部は、この春大きな負けを経験した。春季愛知県大会の3回戦で、春日丘と対戦し、0対7のコールド負け。この敗戦を糧に、チームは現在もう一度基本に立ち返って、キャッチボールなどの基礎を意識しながら練習を行っている。

■ここまで活躍した選手を紹介!

 ここまでチームを牽引してきた選手は、近藤佳輝と納富隆成の2選手だ。

 特に近藤は1番打者として高い出塁率を誇り、俊足を活かして打線に勢いを与えることができる選手だ。また試合以外でもチームを支えることができる存在であり、星城に無くてはならない存在だ。

■感動を与えられるような夏に

 主将である金田大輝は、「新チームの結成当初は監督の意見を読み取ることが出来ず、叱咤激励を受けることも多かった」と振り返る。だがその度にチームは成長し、現在は高い意識を持って練習に取り組むことが出来ているとも話す。
 この夏は勝つのはもちろんであるが、「感動を与えられるような夏にしたい」と強い意気込みを語った。

【次のページ】 甲子園で平林先生を胴上げできる夏に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
享栄vs星城【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第2回 愛知私学4強を破ることを目指してきた星城 今年こそ下剋上実現へ【101回大会特集】
星城vs豊橋南【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第74回 川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」【僕らの熱い夏2019】
第73回 倉敷工(岡山)「全員で令和初の日本一を取りにいく!今、新しい歴史への挑戦が始まる」【僕らの熱い夏2019】
第70回 都立小松川(東京)「ボトムアップ方式で主体性を強化!夏は『番狂わせ』を起こしたい」【僕らの熱い夏2019】
星城vs加藤学園【2019年 練習試合(交流試合)・春】
星城vs岩倉【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
日大二vs日大一vs星城【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
星城 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム