第49回 湯本(福島)「夏は弱くないところを見せて、昨年果たせなかった甲子園出場へ」2019年06月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]夏に向けて勝負強さをつけていきたい
[2]今までにない「夏」、記憶に残る「夏」にしたい/一球に、球際に執着心を持って

夏に向けて勝負強さをつけていきたい



集合写真

■部活動の盛んな校風

 福島県いわき市に校舎を構える福島県立湯本高等学校。地元では「湯高」の愛称で親しまれており、部活動が非常に盛んな学校だ。
 文化部では、吹奏楽部は第52回、第56回全日本吹奏楽コンクールで金賞受賞を獲得した歴史があり、また運動部では、剣道部が男子団体において平成22・23年度全国高校総体大会に連続出場し、平成22年度には全国高校総体男子個人準優勝も果たしている。

■昨年の第100回選手権福島大会ではベスト4に進出

 野球部は、昨年の第100回選手権福島大会でベスト4に進出したことが記憶に新しい。現在は、3年生10名、2年生12名、1年生25名の計47名で活動しており、昨年果たせなかった甲子園出場、そして日本一の目標に向かって、日々練習に励んでいる。

■新チームは弱いと言われていた

 そんな今年の湯本野球部には、「声の大きさ」、「雰囲気の良さ」、「バッティング」の3つを持ち味がある。
 新チームがスタートした時には、ベスト4に進出した先輩たちが抜けて「弱いチーム」と評されるところからのスタートであったが、それでも秋季福島県大会ではベスト8に進出。チームとして大きな自信をつけることができた。

■この春は野球の怖さを痛感

 秋季大会でベスト8に進出して大きな自信をつけた湯本だったが、この春は反対に大きな悔しさを味わうことになる。
 春季福島県大会のいわき支部予選準決勝で、湯本東日本国際大昌平と対戦。6回まで4対2でリードを許していたが、7回表に4点を奪って一気に逆転に成功する。この勢いで一気に勝てると思われたが、その直後に7回裏に同点に追いつかれて、8回裏に勝ち越しのスクイズも許す。結果は6対7で敗れ、最後まで何が起こるかわからないことを痛感させられた。
 春の敗戦を経験して、主将の江尻翼は「夏に向けて勝負強さをつけていきたい」と話し、強い意気込みを口にする。

■湯本を引っ張る2選手を紹介!

 今年の湯本をここまで牽引してきたのは、エースの古川柚樹と捕手の志賀琉哉だ。
 古川は私学相手にめっぽう強く、練習試合でも実績を積んできた。また、志賀は声の大きさと元気の良さを持ち味にチームを引っ張り、投手陣も支えてきた。夏は攻撃の面でも活躍が期待されており、この二人の活躍がチームの浮沈を握っていると言えるだろう。

【次のページ】 今までにない「夏」、記憶に残る「夏」にしたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第931回 聖光学院の13連覇に待ったをかけるチームは現れるか?福島県の戦歴を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第23回 県立湯本高等学校(福島)【冬が僕らを強くする2018】
湯本 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム