目次

【目次】 【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]泥臭いプレーで掴んだ秋季東北大会出場
[2]毎年年末にはチーム全員で35キロを走り切る!/最後の最後まで自分を信じて戦い抜こう!

泥臭いプレーで掴んだ秋季東北大会出場


■2002年に男女共学校となり、2016年には創立90周年を迎える

 山形県山形市肴町に学校を構える山形城北高等学校。2002年までは女子高であったが、共学になると同時に学校名も現在の山形城北に変更となり、2016年には学園として創立90周年を迎えた。
 卒業生には、タレントの橋本マナミさんや女子プロレスラーの井上京子さんなどがおり、個性豊かな人材を輩出している。

■練習グランドまでの移動はできるだけ早く

 野球部は現在、1年生27名、2年生19名、3年生18名の合計64名で活動しており、夏の県制覇(甲子園出場)を目指して日々練習に取り組んでいる。
 校舎から練習グランドまでは自転車で30分かかるため、選手たちは移動をできるだけ早くするように心掛けている。

■泥臭いプレーで東北大会出場を果たす

 そんな山形城北野球部の今年のチームのウリと言えば、「終盤の勝負強さ」、「全員で守り切る守備」、「泥臭く、粘り強くプレーするところ」の3点だ。
 特に新チームがスタートした当初は、能力は前チームの先輩方と比べると劣っていると全員が感じていたため、泥臭く粘り強くプレーすることをテーマに掲げた。その結果、春季大会に続いて秋季大会でも東北大会への出場を果たし、目標を一つクリアすることが出来た。

■夏への意気込み

 現在は、夏の大会へ向けて、劣勢な状況でも諦めず終盤勝負にもっていけるような雰囲気づくりを意識して練習している。チームをまとめる主将の足達歩(あだち・あゆむ)は、「山形で一番長い最高の「夏」にしたいです」と強く話し、最後の夏に向けて意気込みを口にした。

■この夏、注目の選手は?!

 山形城北の注目選手と言えば、加藤太晟(かとう・たいせい)の名前が挙がる。加藤は肩が強さや守備範囲も広さを武器に、これまで幾度となくチームを救い、また打撃でも勝負強いバッティングでチームの勝利に貢献してきた。この夏の加藤の活躍が、チームの浮沈を握っている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。