第19回 新居浜西(愛媛)「春ベスト8!創立100年を超える伝統校の主体性を持った夏」2019年06月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]2季連続ベスト8に入る注目校
[2]注目は最後まであきらめない姿!/胸を張れる夏にしよう!

2季連続ベスト8に入る注目校



玉井幹大主将

■急上昇するチーム

 大正6年に創立した新居浜西は一昨年、創立100年を迎えた歴史ある学校。自立生活・自主学習・自己鍛錬の3つを校訓に掲げ、生徒を育てている。

 野球部は昨夏1回戦で野村の前に敗れるも、昨秋は県大会ベスト16に入り、県の21世紀枠推薦校に選ばれた。惜しくも四国地区の推薦校に選出とはならなかったが、今春はベスト8まで勝ち上がるなど急成長を遂げているチームだ。

■大会は甘くないと悟った秋

 現在、3年生5名、2年生11名、12名の28名で活動する新居浜西。普段からサッカー部と校庭を2分割してグラウンドを使っている。

 「今年はみんなに応援されるチームを目指してスタートしました」、と主将の玉井幹大は振り返る。そんなチームが初めて迎えた秋の県大会1回戦の聖カタリナ学園戦について、
 「自分達のミスで勝ちゲームを落としてしまい、そんなに甘くないことを痛感しました。」と悔しさをにじませた。

■それぞれが考えて練習して辿り着いた8強

 この悔しさを胸にオフシーズンは夏戦える体力をつけることや、9回を投げ抜く基礎体力の強化など、それぞれが考えてトレーニングに励んだ。名物練習である7メートルのシャトルランの後に、タイヤを使ったトレーニングするなど、徹底的に足腰を鍛え抜いた。

 この成果が実を結び、春の県大会は準々決勝まで勝ち上がる。今治西の前に敗れたが、夏は注目校の1つとして期待が寄せられる。そんなチームを引っ張ったのは秋月大翔、登尾友喜、宇野哲平、高塚一颯の4人だ。

■細かなミスをつぶして、悔いを残さない夏にする!

 夏もこの4人に注目したいが、玉井主将が期待を寄せるのは1,2番コンビとして足を武器にチャンスメイクする神山和輝と田中寿樹の2人。そしてムードメーカーの髙橋大地だ。

 夏に向けてチームは「細かなミスをなくす」ことをテーマにラストスパートをかけている。持ち味の守備力、走塁、粘りで夏の大会ベスト8を目指して、悔いの残らない夏にする。

【次のページ】 春のベスト8が一番の思い出!/胸を張れる夏にしよう!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第52回 四国の「隠し玉高校球児」その2 ~新居浜南の「山川穂高」候補生 高速フォロースルーに着目せよ!近藤 隆聖(新居浜南)~【四国発】
第825回 「対県内」を「対四国・全国」へ押し上げろ 秋季愛媛県大会総括【大会展望・総括コラム】
第793回 秋季愛媛県大会展望!「本命不在」大会を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
野村vs新居浜西【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
第183回 【第97回愛媛大会展望・後編】松山東、新田、東温など注目校多数!好カードが目白押しの第2、3シードブロック!【大会展望・総括コラム】
松山聖陵vs新居浜西【愛媛県 2013年 夏の大会 第95回愛媛大会】
新居浜西vs新居浜工【愛媛県 2010年 夏の大会 第92回愛媛大会】
新居浜西 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム