第16回 一関学院(岩手)「シンキングベースボールで全国の舞台を狙う!」2019年06月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]春夏通じて8回の甲子園出場経験を誇る実力校
[2]考えてできる野球こそ一関学院野球!/最後まで粘り強く、感謝の気持ちを持って戦おう!

春夏通じて8回の甲子園出場経験を誇る実力校



一関学院

■陸上に女子バスケットは全国クラス!

 甲子園に春夏合わせて8回の出場経験を持つ一関学院。他の部活動を見ると、陸上競技部は全国駅伝大会に22年連続26回出場の経験を持つ超名門。

 女子バスケットボール部は冬に開催されるウインターカップに4年連続8回の出場経験を持つなど、実力ある部活動が多い。

■充実の練習設備

 学校から7キロ離れた場所に専用グラウンドを持つ。さらに室内練習場が2つ、ダイヤモンドの広さが確保されているサブグラウンドを所有しており、3年生31名、2年生30名、1年生27名の計88名が充実の施設を存分に使って練習をしている。

 新チーム結成時は、「甲子園出場を目指して、バッティングのチームを作る」ことをテーマに掲げてスタート。選抜甲子園出場のかかる昨秋の県大会では、3回戦で同大会の準優勝校・花巻東と打ち合いの末、6対10で敗戦した。

■選抜出場校に善戦

 春、そして夏に向けてオフシーズンは、野球のプレーに繋がるようなトレーニングを中心に取り組んだ。その成果が春の県大会で形になった。

 春季県大会の準々決勝で盛岡大附と対戦。選抜出場校でもある盛岡大附相手に、善戦。結果は1対2で敗れたが、強打の盛岡大附と延長戦にもつれ込んだ。「ピッチャーが良く抑えたが、打線で援護できなかった」と振り返る。

 春ベスト8として夏は注目校の1つとなるが、ここまでチームを牽引したのは優れた配球でピッチャーを引っ張る村井陽太。そしてクリーンナップとして打線の中核を担う、八幡健太・遠藤 大地・早坂一希。さらに、2年生ながら勝負強いバッティングを見せる佐藤颯弥の5人だ。

■目指すは甲子園ベスト8!

 チームは現在、甲子園ベスト8に目標を上方修正し、打撃の向上と隙を作らないことをテーマに練習。学校からグラウンドまで走って帰る名物の「帰りラン」など、自分たちで考えて野球をしながら夏に備える。

 この夏は、チーム一番の頑張り屋でバッティングが持ち味の佐々木颯汰や、佐藤颯弥、近江博人らの活躍に期待がかかる。

 悔いの残らない夏、最高の夏にするために、一関学院は大会で勝つ手段を考え、練習している。

【次のページ】 考えてできる野球こそ一関学院野球!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第933回 花巻東、盛岡大附の2大勢力がリードか?佐々木朗希擁する大船渡にも注目!【岩手大会展望】【大会展望・総括コラム】
第50回 花巻東と盛岡大附が引っ張り、一関学院、専大北上らが追いかける【岩手・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第13回 10連覇狙う聖光学院!初出場目指す出雲と大村工!24日は9地区で甲子園出場校決定!【夏の大会特集2016】
第363回 一関学院、花巻東の私学だけではなく、釜石、一関工の戦いぶりに注目!【岩手抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第20回 花巻東を先頭に盛岡大附、一関学院、専大北上らの私立勢が旧制中学系を凌駕(岩手県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
八戸学院光星vs一関学院【2015年秋の大会 第68回(平成27年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
青森山田vs一関学院【2015年春の大会 第62回(平成27年度春季)東北地区高等学校野球大会】
一関学院vs鶴岡東【2015年春の大会 第62回(平成27年度春季)東北地区高等学校野球大会】
仙台育英vs一関学院【2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
盛岡大附vs一関学院【岩手県 2013年秋の大会 岩手県大会】
一関学院 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム