目次

【目次】 [1]持てる力をすべて出し切り、新潟の頂点へ!
[2]チームの主力選手が語る夏への意気込み/何が何でも甲子園へ!

持てる力をすべて出し切り、新潟の頂点へ!



整列へ向かう三条ナイン

■バスケットボール部は全国制覇を3回経験!

 今春の新潟県大会で準優勝に輝いた三条は、創立110年を超える伝統校。部活動を見ると、過去に男子バスケットボール部がインターハイでの優勝を3回経験している強豪である。

■悔しさと課題が残った秋

 まず新チーム結成時のことを主将の井上大輝選手に聞くと、「相手を圧倒できる力をつけて強豪に勝つ」ことをテーマにスタート。しかし秋は県大会の2回戦で実力校・帝京長岡に1対4で敗戦。上位進出とはならなかった。

 その後、2018年シーズン最終戦に組まれた福島の名門・聖光学院との試合のことを井上選手は語ってくれた。
 「1対27で敗れたのですが、どこに投げても打たれました。打球は簡単に外野を超えますし、打球が速いのでエラーも増えてしまい大変でした」

■現在の課題

 苦い経験を糧に三条はオフシーズンに、体力と打力の強化を実施。その成果が春の県大会準優勝という形で実を結んだ。

 現在は3年生17名、2年生8名、そして1年生19名の計44名が活動。目標である甲子園出場を目指して、チャンスでの1本と確実にアウトを重ねることをテーマにおいて練習を重ねる。

■チームの主力選手と夏への意気込み

  ここまでチームを支えてきたのは、頼れるエース・丸山尊仁。日々成長を続けたエースの姿に落ち着きがある、と井上主将は話す。

 しかし夏に向けて丸山だけではなく、加藤禎孝、井上 颯大、長谷川聡太、小林丈一郎、そして関川達也の台頭にも井上主将は期待を寄せている。

 そして井上主将自身は自慢の長打力で「夏はホームランを連発し、チームを勝利に導く1本を打ちます」と意気込みを語った。

 一発勝負の夏に持てる力をすべて出し切って勝てるよう、三条は今この瞬間もボールを追いかける。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。