第11回 高知西(高知県)「凡事徹底を貫き、目指すはベスト4以上!」2019年06月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設サイトはこちら】
[1]春の収穫を武器に夏へ取り組む!
[2]ミスを指摘し合えるチーム力

春の収穫を武器に夏へ取り組む!



高知西野球部

■県唯一のスーパーグローバルハイスクール

 高知県高知市に位置する高知西高校。「HARD SPIRIT 貫徹精神」を校訓に普通科と英語科の2つの科からなっている。高知県では唯一のスーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校となっているのも大きな特徴の一つだ。17の体育部と17の文化部、さらに1の同好会が活動している。

 注目の野球部は「凡事徹底」を合言葉に日々活動している。2015年度の夏の選手権大会ではベスト4の結果を残した実績がある。朝練習では主に個人のレベルアップ、放課後練習ではチームのレベルアップを目的に取り組んでいる。そんな高知西野球部の夏に向けた意気込みに迫りたい。

■目指すはベスト4以上

 高知西野球部は現在、2年生7名、3年生13名に新入生8名を春に迎えの計28名で活動している。校庭での練習では他の部活動と共用となるため、全面を利用することができるのは1週間に3日のみ。そのため校庭以外での練習や近隣のグラウンドを借用し練習を行うこともある。

 今年のチームのセールスポイントは「元気」「真面目」「頼もしさ」の3つである。そしてチームが掲げる目標は「夏の選手権ベスト4以上」。高知西野球部ならではの名物練習は500×3セットのエルゴメーターだ。

■収穫もあった春の大会

 新チームがスタート時にはまず、チームの明るさを意識し、昨年のチームより声を出すことを心がけ、上位進出を目指した。結果は1回戦敗退。そこから冬は春ベスト4を目標に掲げ徹底的に体力と筋力を鍛えなおした。

 そして迎えた春の大会では地区予選は突破したものの、県大会ではまたしても初戦敗退に終わった。

 しかしこの春の大会では収穫もあった。それは地区予選の須崎との一戦だ。接戦に持ち込み緊迫した場面が続く中、高知西はサヨナラ勝利をつかみ取った。昨年に比べ、部員は減ってしまったものの明るい雰囲気はそのままに持ち味を出し結果につながった。

■夏までに走塁を強化

 接戦をものにし夏はさらに上へと成長曲線を思い描いている高知西ナイン。現在はその夏に向け、走塁力の強化をテーマに取り組んでいる。さらに、個々がそれぞれ自分のすべきことを考え、日々打ち込んでいる。

 悔いの残らない夏にしたいと主将で捕手を務める田本稀大選手は意気込んでいる。

■夏へのキーマン

 高知西の注目選手は秋田哲兵選手。彼は先ほど述べた須崎戦でサヨナラを決めた選手だ。
 この試合ではエラーをしてしまっており、ミスを取り返す一打でもあった。

 さらにもう1人注目選手がいる。楠瀬大成選手だ。
 彼はどんな状況でも周りを笑顔に変えてくれる。試合の流れを変える力も持っており守備、打撃にも期待がかかる。

【次のページ】 ミスを指摘し合えるチーム力

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第949回 第101回全国高等学校野球選手権高知大会総括  森木 大智が蒔いた「熱闘」の種【大会展望・総括コラム】
第934回 逆襲の明徳義塾か、連覇期す高知商か、「1年生1番」森木 大智の高知か? 「3強」以外にも興味深い高知県の夏【高知大会展望】【大会展望・総括コラム】
第853回 「フリー抽選」の春・高知王座決定戦!春季高知県大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
土佐vs高知西【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
第668回 出そろった100回大会・春の高知&徳島大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第143回 【春季大会総括】春の成果と反省を胸に、いざ集大成の夏へ ~2015年春季・四国地区県大会・四国大会を振り返る~【大会展望・総括コラム】
高知追手前vs高知西【高知県 2014年 第67回高知県高等学校体育大会】
高知vs高知西【高知県 2013年夏の大会 第95回選手権高知大会】
高知西vs高知小津【高知県 2010年秋の大会 第54回高知県選抜高等学校野球大会】
高知西 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム