目次

【目次】 【僕らの熱い夏 特設サイトはこちら】
[1]興南を倒す!そして甲子園へ
[2]知念旋風を巻き起こし、創立初の甲子園出場を目指す!!/粘り強さ、逆境に立ち向かう姿勢を強みに甲子園へ

興南を倒す!そして甲子園へ


■グラウンド全面は週一回しか使えないが工夫して練習

 学校創立70年を超え、中城湾の近く学校がありいつでも海を眺望できる知念。ソフトテニスや陸上は全国大会出場。さらに、なぎなた部やヨット部は九州大会に出場する体育会系の部活が盛んな学校である。

 野球部は他の部活動と基本共用でグラウンド使用の為、週1日しか全面が使えない。そのため普段は内野しか練習スペースがないが、大会前になると近くの球場を借りての練習をしながら、学校初の甲子園出場を目標に練習に打ち込む。

■3つのセールスポイントで興南を倒す

 現在3年生32名、2年生22名、1年生33名の計89名が在籍。
・粘り強く終盤に逆転できる
・バットが振れる、飛距離が出せる
・下半身
の3つのセールスポイントが今のチームの持ち味だ。特に下半身に関しては、月1回栄養管理士を招いて食事指導と食トレを実施。またトレーナーによる専門的にトレーニングを週に1度取り入れることで鍛えてきた。

 そんなトレーナーさんが教えるファルトレクランがきつい、と主将の平良勘人いう。
 30mの円を描き、円の周りをランとインターバルを交互に繰り返して走るという内容だ。こういったトレーニングと、しっかりとした栄養補給があるからこそ強靭な下半身を作り上げているのだ。

■悔しさの残った秋の興南戦

 彼らの中で最も印象に残っているのは秋季大会2回戦の興南高校戦だ。結果は2対9の7回コールドという内容で、「練習をしてきて自信をつかみかけた中で敗戦だった」ために悔しさが残った。

■連戦で集中したプレーを

 興南との試合後、バッティング強化に乗り出した知念。平日は最低300、休日は500球を半日かけてティーバッティングで打ち込んだ。その結果が春の大会ベスト8だったが、連戦を乗り切るだけの体力が不足していることを感じ、現在は連戦になっても出来る事プレーに最大限集中している。

 そんなチームをここまで引っ張ってきたのは、ピッチャーの石原光太郎だ。秋の敗戦をバネに春季大会では全試合登板し、気迫あふれるピッチングを見せた。そんなエース・石原に平良主将は夏も活躍を期待をしている。

 さらにムードメーカーの渡口洸平と仲里幹人、1番・田山右京、4番・仲地裕輝に期待がかかる。渡口洸平と仲里幹人はいつでもどこでもとにかく明るく、場の雰囲気を常にポジティブにしてくれる長所がある。またいつでも全力疾走、全力の声出しでチームを支えているキーマンだ。

■夏への意気込み!

 「1戦1戦先を見すぎず、足元を見つめてチーム全員が笑って終われる夏にしたいです。」そう語った平良主将。チームの目標である夏の甲子園に向けて知念の沖縄の頂点を目指す戦いはもうすぐそこだ。