第4回 矢上(島根)「当たり前のレベルを上げて、最高のチームを作り上げる!」2019年06月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設サイトはこちら】
[1]砂鉄の宝庫として栄える矢上
[2]矢上の新たな歴史を作る!/日常生活から隙を作らずに最後まで諦めないチームを

矢上の新たな歴史を作る!



トレーニングに打ち込む選手たち

 ここからは、奥野裕剛副主将と鈴木健副主将の3年生コンビにお話を伺います!

Q.夏へ向けて見つけた課題を教えてください。

奥野:取れるアウトを確実に取ることです。
鈴木:守備では送球の安定、打撃では精度を上げることです。

Q.ここまで振り返って、高校野球で一番の思い出を教えてください

奥野:秋季大会での平田戦であと一歩及ばなかったことです。
鈴木:春季大会での松江農林戦で逆転サヨナラ勝利したことです。

Q.応援する方々へ自分のここを見てほしいというのを教えてください!

奥野:1番バッターとしてのチャンスメイクです!
鈴木:攻撃では打撃と機動力、守備ではゲッツーの時の送球です!

Q.このチームの好きなところ、または他のチームに負けていないところはどんなところですか?

奥野:ベンチワークの良さと一人ひとりが役割を理解している所です。また、1番から9番までどこからでも得点につなげることができます。
鈴木:1年生から3年生まで仲が良くコミュニケーションが取れることです。

Q.この夏はこういう夏にしたい!というのを教えてください

奥野:最後の夏になるので悔いが残らないよう全力でプレーし、矢上野球部史上初の甲子園を目指して頑張ります!
鈴木:甲子園に行き、矢上野球部に新しい歴史を作ります!

 奥野選手、鈴木選手、ありがとうございました!


日常生活から隙を作らずに最後まで諦めないチームを


  ここからは矢上の山本翔監督にお話を伺いました

Q. 今年のチームは、新チームが始まってから、どんなチームを作り上げてきましたでしょうか。夏に向けてどんなチームを目指していますか?このチームの強みを教えてください。

 日常生活から隙を作らず、できることをきっちりして、最後まで諦めないチームを目指しています。このチームの強みは一人ひとりの役割がきっちりしていてチームワークが非常に良いところです。

Q. 最後の夏に燃える3年生や部員たち皆様へのメッセージをお願いします。

 創部初の甲子園、創部初の甲子園勝利を目指し当たり前のレベルを上げて共に最高のチームを作り上げよう!

 山本監督、そして矢上野球部の皆さん、ありがとうございました!

このページのトップへ

今年も大好評!【僕らの熱い夏 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第7回 県立倉敷商高等学校(岡山・中国地区代表)「新体制から中国大会優勝!延長戦2回を制した粘りがウリ!」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】
第44回 島根県立松江農林高等学校(島根)【僕らの熱い夏2016】
矢上vs石見智翠館【2011年春の大会 第50回山陰高等学校記念野球大会】
矢上vs倉吉東【2011年春の大会 第50回山陰高等学校記念野球大会】
矢上 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム