第1回 富士北稜(山梨県)「初のシード校にふさわしいチームとなり、台風の目となる!」2019年06月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設サイトはこちら】
[1]令和元年の下剋上を狙う新勢力
[2]令和初の夏に、最高の夏を目指す!/学校の歴史を塗り替えよう!

令和元年の下剋上を狙う新勢力



富士北稜の選手たち

■創立16年の新設校の野球部

 山梨県富士吉田市にある山梨県立富士北稜高等学校は、2004年に開校した創立16年と比較的新しい学校だ。校訓として「明日を拓き 未来を創る」を掲げ、自分らしく生きる道を切り拓くことで進路実現や、自己実現を目指している。

 そんな富士北稜の野球部は今春の県大会でベスト8に入り、シード権を獲得した。夏は新勢力として注目される富士北稜の夏への意気込みに迫った。

■明るさ、元気さ、必死さが持ち味!

 現在3年生は5名、2年生が6名、そして1年生14名の計25名で活動をする富士北稜。グラウンドはほかの部活動と併用として使用するため、ほぼ毎日全面使うことができない厳しい環境。だが、チームの持ち味である明るさ、元気さ、必死さの3つを武器に、目標である山梨県大会でベスト8以上に向かって日々鍛錬を積んでいる。

■バッティングに力を入れたオフシーズン

 新チーム結成当初のことについて羽田潤二主将は、「10人という少ないチームだったので、十人十色、十人の目標を一つに団結させ、明るく元気なチームを目指した」と語る。

 人数が少ないため普段の練習はもちろん、練習試合が大変だと羽田主将。だが10人という人数でも「工業大会で甲府工に臆することなく勝てたのは印象的だった」と話す。また秋季県大会で東海大甲府に敗れたことで目標が見つかり、オフシーズンはバッティングに重きを置いて一人一人が考え、自ら積極的に練習に励んだ。

■無名から這い上がり、この夏は波乱を巻き起こす!

 現在は創立以来、初のシード校としてふさわしいチームでいられるように、日々練習を積み重ねる富士北稜。この快進撃を支えてきたのは、片山凌、一発が打てる宮下大空、そして力強いピッチングが持ち味の古西祐羽の3名だと羽田主将。なかでも安定したバッティングはチーム随一で、走・攻を得意とし、大事な場面で得点に結びつけられる片山選手に期待が寄せる。

 ほかにも髙根立翔や宮下選手にも夏の大会での活躍を期待する羽田主将は、夏へ向けての意気込みをこう話す。

 「令和元年の下克上。無名から這い上がり波乱を巻き起こします!」

【次のページ】 令和初の夏に、最高の夏を目指す!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第927回 「強打の山梨学院」4年連続優勝を阻止する高校はいったいどこか!?【大会展望・総括コラム】
駿台甲府vs富士北稜【山梨県 2019年春の大会 春季山梨県大会】
第175回 【第97回山梨大会展望】4季連続の優勝を狙う東海大甲府を阻むのは?有力校、見所を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
富士北稜 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム