スキル化している運動をフォームに落とし込む


これまでの連載コラム
155キロプロジェクト始動!殖栗正登が解説する球速アップの秘訣!
【155キロプロジェクト】カウボーイが球速アップにつながる!
二兎追うものは二兎を得る!カウボーイ投げは球速アップも可能にさせ体にも負担が少ない!
丸の形を整える 155キロプロジェクト第4弾は腕の振りについて解説!

 今まで多くのチームでトレーニングコーチ、トレーナーを歴任。現在はインディゴコンディショニングハウスの代表として多くのプロ野球選手やアマチュア選手の指導を行い、現在も甲子園に出場した広陵富岡西などチーム指導も行っている殖栗氏。これまで150キロオーバーのピッチャーを多く育て11人の選手をNPB入りさせた。

 そんな殖栗氏が、155キロプロジェクトと題し球速アップの秘訣を紹介。

  第5回ではフォームの自動化を選手に習得してもらう為の指導方法について解説していく。

 選手にフォームの自動化を即座に習得してもらうために、1番端的で簡単な方法と言えば、選手がすでに習得している他の動作をフォームに落とし込むことだ。

 例えばスライダーを投げたいという投手への一番簡単な指導法は、川の水面に石を投げる「水切り」をイメージしてもらうことだ。水切りをイメージしてもらう事によって変化が掛かると言う。しかし水切りをできない投手は習得をする事ができない。つまりその選手がすでにスキル化している運動を、フォームに落とし込むと即座の習得に繋がるのだ。