第81回 都立国立(東京)「3Dをテーマに掲げ、大きな飛躍を誓う冬」2019年02月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]3Wを掲げた新チーム、3Dをテーマにした冬
[2]主将と4番が語る課題
[3]やったことは自分に返ってくる

3Wを掲げた新チーム、3Dをテーマにした冬



ティーバッティングに打ち込む選手たち

■都立高初の甲子園出場校・都立国立!

 東京都国立市にある都立国立は来年で創立80年を迎える学校である。実は都立国立は都立初の快挙を成し遂げている。それは甲子園出場だ。1980年、エース・市川武史投手の力投で、激戦区の西東京を勝ち抜き、甲子園初戦では前年に公立校として史上初の甲子園春夏連覇を果たした箕島と対戦している。また報道ステーションのメインキャスターの富川悠太アナウンサーは同校の野球部出身だ。
 都立国立では、後援会の協力によるサポートティーチャーと呼ばれるものがあり、大学や大学院に通う卒業生が後輩たちに定期試験前に勉強を教えたり、進路のアドバイスを送ったりする活動が行われている。
 また東大や京大への見学ツアーなどが催されており、勉学と部活両方に力を入れている学校である。

■国立野球部を紹介!

 現在は1年生6名、2年生14名の計20名で活動する都立国立。校庭を他の部活動と併用しながら使っているが、福谷真一監督は「ダイヤモンドは毎日使えるので、他の学校を見れば恵まれていると思います。それより時間の制限です。
 6時に完全下校なので、5時半ぐらいには片づけをやらないといけないです。」と場所よりも時間の制限と日々戦っている。

■今年のウリ

 今年のチームは、
・選手20人ながら6人が投手を務められる投手層の厚さ
・毎日自分たちで練習メニューを考える
・我が強い人が多い
の3つが武器である。
 「どんな練習をやればレベルアップするのか。月曜日がオフなので、朝か昼に集まって前の週の反省や出来を踏まえて今週どうするのか話し合いで決めます。その後メニュー係がまとめて、監督に毎日出しています。」と長谷川 太一主将は自分たちで考えメニューを組むことについて詳しく話してくれた。

 福谷監督はこの取り組みについて、「前の監督さんもずっとやっていますが、良し悪しがあります。この代は甲子園という目標のために何が必要なのか。この現状から見て何やるのか、ゴールだけで過程が決まっていなかったので、その辺りでテコを入れました。」と、甲子園を目標にしている選手たちへアドバイスを出しつつメニューを決めさせている。



バッティング練習の様子

■チームが始まって最も印象に残っている試合は?

 新チーム発足時は、3W(ウエイト、ダブルポジション、3weeks)をテーマにスタート。
 「複数ポジションはチームとして勝ちに近づく選択を広げるためですね。そして3weeksは早く決めるのも良くないだろうと、1つ区切りをつけるのが3週間です」という福谷監督の考えで掲げられた。

 3Wをテーマに取り組み続けた都立国立は6年ぶりに秋季都大会出場を果たす。その中でもブロック予選決勝攻玉社戦が特に印象深いと長谷川主将は語る。
 「序盤はリードをしていましたが、バッテリーミスやエラーで追いつかれてしまった。しかし、延長で鈴木 太陽がサヨナラのホームランを打ってくれました。あの瞬間はホームに戻るまで実感がありませんでしたが、ホームを踏んだ後に実感が湧いて、とても嬉しかったです」と話す。

 この試合を長谷川主将に振り返ってもらうと、「重苦しい雰囲気にならなったことと、先発は延安航大と阿部哲也がピンチで踏ん張ってくれたおかげでした」と語った。

■新チームが始まって活躍してきた選手

 そんな長谷川選手は新チームスタート時、攻玉社戦でホームランを放つなど4番として力強い長打力を持つ鈴木選手。投打でチームを支える、クセ球が持ち味の右サイドハンドの阿部投手。さらには、夏はエースでオールマイティーが持ち味で、1番打者として高い出塁率を残した徳田 健吾選手。そして得点圏打率が5割を誇った長谷川主将自身が活躍したと語る。

 そして春以降は秋はエースとしてチームを引っ張った左のオーバースローの延安投手。そしてチームNo.1の努力家で今後が楽しみだと福谷監督も称賛する榎本悠人選手に期待している。

■春先への意気込み!

 オフシーズンは河川敷で15キロ走るマラソン大会に、引退した3年生と共に挑むのが名物練習の都立国立。今年は3D(貪欲に、泥臭く、どんどんやる)をテーマに掲げる。
 長谷川主将は、「このチームは甲子園に行けるチームだと思っています。そのためには時間や環境は限られますが、他の高校よりも練習しなければなりません。
 長いオフシーズンで見失いがちな目標を明確に持って1日1日を無駄なく過ごして、日々成長して、秋よりも一回りも二回りも大きくなって、最後の春、夏に挑んでいきます。
 また本番では自分の実力を出せるように練習で自信をつけて、自信をもってプレーをやっていきたいです。」と力強い意気込みを残してくれた。

このページのトップへ

【次のページ】 主将と4番が語る課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立上水vs東京電機大高【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
東京代表vsキューバ代表【2018年 キューバ海外遠征 親善高校野球試合】
第812回 目指すは王者の風格!1人の高校生としても成長を誓う、東亜学園主将・岩本翼 【2018年インタビュー】
第810回 目指すは杉内俊哉!東亜学園エース・細野晴希が目指す投手像 【2018年インタビュー】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
第705回 本命不在の参加校数最多の東東京を制するチームは!【大会展望・総括コラム】
第705回 本命不在の参加校数最多の東東京を制するチームは!【大会展望・総括コラム】
第485回 日大二(西東京)伝統校復活へ「打撃力強化」「絶対的エースの確立」で目指す100回大会【野球部訪問】
第484回 立正大立正(東東京)「誰もが感動するチーム」として東東京に一大旋風を【野球部訪問】
鈴木 太陽(都立国立) 【選手名鑑】
徳田 健吾(都立国立) 【選手名鑑】
長谷川 太一(都立国立) 【選手名鑑】
日本ウェルネス 【高校別データ】
都立国立 【高校別データ】
都立小平 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
渋谷教育学園渋谷 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
成城 【高校別データ】
大成 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
東京 【高校別データ】
東京学芸大附 【高校別データ】
東京学館浦安 【高校別データ】
東京工業高専 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
東農大三 【高校別データ】
東農大一 【高校別データ】
東農大二 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
明大中野 【高校別データ】
和光 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム