第77回 済美(愛媛)「基本の体をづくりで愛媛夏3連覇をめざす!!」2019年02月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]去年の記録と記憶を塗り替える!!
[2]常に甲子園を見据えて戦う!/自分で成長を感じろ!!

去年の記録と記憶を塗り替える!!



タイヤに付いたロープを引く選手たち

■100年以上の歴史を持つ済美高校

 愛媛県松山市湊町に位置する済美は、1901年に開校をし女学校として100年の歴史を刻みました。開校101年目を迎えた2002年には男女共学に移行して、今日の済美の歴史を歩み始めている。美術科や食物科学コースなど、専門的なコースや学科を持ち合わせている。

 部活動では、やはり野球部の名前が真っ先にあがる。2004年の選抜、準々決勝でダルビッシュ 有を擁する東北を破り、史上初の創部3年で全国優勝を果たしたのが印象的だろう。その他にも、ソフトボール部や男子サッカー部も全国大会出場の経験があるなど、部活動が活発である。

■済美野球部の紹介

 済美野球部は現在、2年生が13人、1年生が25人の計38人で日々の練習に取り組んでいる。野球部の活動は、済美球場で野球に専念できる環境に加え、月に1回、ウエイトトレーニングを行う施設を利用している。

■今年のウリと今までを振り返って

 今年のチームのウリについて、
・打撃力
・仲がいい
・体力
 この3つを芦谷 泰雅主将が答えてくれた。新チーム始動時は1番から9番までホームランを打てる打線を目指し、その中で自分がチームを引っ張っていくことを目標にした。

 オフシーズンならではのメニューとして、スーパーサーキットというメニューが存在する。約30種目のトレーニングを1種目1分で休憩45秒で行う。体力と筋力増量を目的としている。

■チームが始まって最も印象に残っている試合はどの試合ですか?

 秋の大会での今治西戦。7回コールド、7対0で敗戦した。芦谷主将は、「全ての部分で力の差を感じた」と振り返ってくれた。その中で、新チームで活躍してきた選手は山田 響の名前を挙げた。理由として、秋の大会で大事な場面でホームランを打ったり、練習試合などでも大事な場面で1本出してくれた。

 今後の春夏のキーマンには、徳永 幹太・森脇悠吏・山本 竜介のこの3選手。徳永と森脇の長所は、人一倍努力をするところであり、春夏の大会で大事な場面での1本出してくれることに期待している。

■この冬の意気込み!

 個々のレベルを甲子園レベルにして、愛媛大会を3連覇して甲子園に出場することを目標だと語る芦谷主将。2019年最初の練習で初詣に行き、部員全員の気持ちを1つにした済美が、3連覇に向けて着実に力を付けていく。

このページのトップへ

【次のページ】 常に甲子園を見据えて戦う!/自分で成長を感じろ!!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
新居浜商vs済美【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第99回 甲子園優勝経験のある伝統校を支える縁の下の力持ち!西条(愛媛)頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第78回 「センバツ90回・選手権100回」超え、新たな時代へ!2018年・四国高校球児ベストナイン 発表!【高校野球コラム】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
第825回 「対県内」を「対四国・全国」へ押し上げろ 秋季愛媛県大会総括【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
済美vs高岡商【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
済美vs松山工【愛媛県 2018年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
四国発
安樂智大(済美)
芦谷 泰雅(済美) 【選手名鑑】
徳永 幹太(済美) 【選手名鑑】
山本 竜介(済美) 【選手名鑑】
今治北 【高校別データ】
愛媛大附 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
津島 【高校別データ】
長浜 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム