第73回 都留(山梨)夏に向けて効率よく鍛え上げる冬!2019年02月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]一人一人がチームに貢献し、甲子園初出場を目指す!
[2]中身の濃いオフシーズンでレベルアップを図る
[3]チームの雰囲気作りを強化し、チーム全体の士気を高める/効率よく課題克服に努めて、夏に向けて準備をしよう

一人一人がチームに貢献し、甲子園初出場を目指す!



手押し車で身体を鍛える!

■ボトムアップ方式で生徒が考え行動する練習を
 山梨県大月市にある都留高校は、1900年に山梨県内で2番目に開校した学校を前身に持つ山梨県屈指の伝統校である。2007年には第79回選抜高等学校野球大会に21世紀枠として出場している。

 都留高校野球部ではボトムアップ方式を取り入れているという大きな特徴がある。ボトムアップ方式とは、監督や指導者が指示を出して行動する従来のトップダウン方式ではなく、選手自らが主体的に考え行動する方式のことを指す。練習メニューも全て生徒が考え実行している。この方式を取り入れてから野球部の進学実績も向上したと柏木監督は話す。

 夏の大会までのビジョンを選手たちはもうすでに見据えていると話す柏木監督。グラウンドには練習している間も音楽が流れていて、特に熱闘甲子園のテーマ曲などで夏に向けてのモチベーションを上げているそうだ。練習中にキャプテンが言っていた「行動や声で示せるようにチーム全員でやっていこう」という言葉の通り、選手同士でトレーニング中も声を掛け合い常に意識を高め合う、そんな都留高校のチームの雰囲気は活発であった。
 そんな都留高校野球部のブレーン的存在である平井副主将にお話を伺った。

■都留高校野球部の日々の練習
 現在野球部は2年生13名(うちマネージャー3名)、1年生11名(うちマネージャー1名)の計24名で活動している。
 サッカー部・陸上部とグラウンドを共有で使用しているため、平日は内野とライト付近を使用して練習を行っている。休日は市営の球場を借りて練習することができ、室内練習場の設備も整っているのでマシンを使用しての打撃練習がいつでもできる。

 名物練習やきついメニューは特にないと答えてくれたが、オフシーズンで大会を意識して紅白戦や1カ所バッティングを行っているそう。

■今年のチームのウリは?
 今年のチームは、
・短い時間で効率の良い練習をしている所
・イメージを鮮明に持ち、勝利した姿を思い描いて練習している所
・1人1人がリーダー、監督になり、チーム・個人を管理している所
 の3つのポイントをウリにしていて、最低目標は県ベスト8、中間目標は県ベスト4、最終目標は県優勝・甲子園出場と設定している。細かな目標を設定し、達成に向けての日々の練習メニューを考え実行していくのも彼ら自身である。

【次のページ】 中身の濃いオフシーズンでレベルアップを図る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大甲府vs都留【山梨県 2019年春の大会 春季山梨県大会】
第878回 山梨学院を追う存在は?シード8校を中心に激戦が予想される春の山梨を分析!【大会展望・総括コラム】
第68回 山梨学院と東海大甲府、日本航空など県外勢力勢に対抗する甲府工も健闘【山梨・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第528回 【山梨展望】「昨夏から県内無敗の山梨学院に続く強豪校たち」【大会展望・総括コラム】
第364回 県内30連勝の東海大甲府を阻む学校は現れるか?【山梨抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第175回 【第97回山梨大会展望】4季連続の優勝を狙う東海大甲府を阻むのは?有力校、見所を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
塩山vs都留【山梨県 2012年春の大会 春季山梨県大会】
山梨学院大付vs都留【山梨県 2011年秋の大会 秋季山梨県大会】
都留vs白根【山梨県 2011年秋の大会 秋季山梨県大会】
都留 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム