目次

【目次】 [1]椿大神社の往復で下半身強化に努めて甲子園を狙う
[2]負けないチームにするために練習をする/体つくりを重点に行う!

椿大神社の往復で下半身強化に努めて甲子園を狙う


■国際交流盛んな学校
 三重県四日市市にある海星高校。エスコラピオス学園の一つで中高一貫の学校だ。1945年に桑名市に「桑名英学塾」としてスタート。その2年後に現所在地に移転し、海星学園に改称された。英語教育に力を入れており留学のサポートや国際交流に積極的でオーストラリアへの海外研修や留学生の受け入れ等を行っている。部活動は野球やサッカーをはじめ、アーチェリー、フェンシングといった運動部もある。今回は文武両道を目指す海星高校野球部の冬に迫りました。

■海星野球部の紹介
 海星野球部は現在、1年生15名、2年生34名の計49名で活動している。校庭には野球部の専用グラウンドがあるため49名という大人数でも無駄なく練習を行うことができるという非常に恵まれた環境で練習を日々行っている。今年のチームの特徴は「チームワークの良さ」「機動力」「投手力」の3つと主将の山際大翔は語る。チームが掲げる目標は甲子園ベスト4。

 三重県で勝つだけでなく甲子園で勝てるチームを目指している。

 海星高校の冬の名物トレーニングは椿大神社の往復だ。片道17キロの道を走り必勝祈願を行うものだ。往復34キロを走るというものだ。この冬のテーマは投手陣は三振をとれる投手になること、野手陣は一人で二塁まで進める選手になることだ。

■秋季大会を振り返って
 新チームのテーマは「初志貫徹」。このテーマをもとに必ず甲子園ベスト4になると決意してスタートした。新チーム初日に部員全員で意思を固めることができたそうだ。しかし、秋に早くも壁に当たった試合があった。秋の三重県大会での3位決定戦の津田学園との一戦。1点も取ることができず4対0で敗戦。流れをつかむことができず試合終了を迎えてしまい、1点取ることができれば流れは変わっていたとチーム全員が悔やむ試合となった。

 主将を務める山際大翔選手は最後のオフシーズンになるので秋に感じた他校との体の大きさの違いをなくすためウェイトトレーニングに励み体を大きくすることが目標と語ってくれた。その先には春、夏の試合でどのチームにも打ち勝つんだという強い意志を感じた。49人を率いる主将にふさわしいリーダーシップをもった選手だ。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 海星の注目選手は川瀬 翔理中川 健翔、中西風芽、近處翔斗、森本真悠の5人の2年生選手。川瀬、中川は右、左のエースとしてテンポのいい投球で試合にリズムを作る。中西は走攻守そろったリードオフマンとして攻撃のきっかけをもたらす。近藤、森本は持ち味のバッティングでランナーを返しチームに貢献した。

 

 なかでも中西は足が速く、これまでも多くのチャンスメイクをしてきたがこの冬の彼の成長が春、夏の海星の大きなキーポイントと言えるだろう。

■この冬の意気込み!
 「自分は、2年生なので最後のオフシーズンになります。なので、秋の大会で感じた体の大きさの違いあるのでまずは大きくして、春夏どのチームにも負けないように打ち勝てるチームにしたいです。」と山際主将は意気込んでくれた。

 

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。